パワハラにあったとき どうすればいいかわかる本

  • 合同出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772612227

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっと上司からパワハラに近いことをされてたので読んでみた。対処法なりが書いてはいる。目新しいことはないが。やたら労働組合とかユニオン推しなんだけど、まあ自分だけじゃ解決できないことが多いだろうからそうなるのかなと。パワハラだ!って騒ぐおかしな人もいて実際に何人か会社でそういうことがあったけど、そんな被害妄想強烈すぎる人もいるから本当のパワハラ被害者も同じように見られがちで、パワハラだって声をあげること自体、おかしいことのような風潮になっている気がして残念だ。まわりの理解と積極的な介入が必要だよね。

  • 労組の人と精神科医の共著。よって、法的手段ではなく労働組合での解決を推奨している。在職希望であるのなら、まずは労組による解決が一般的には正しいのだが、パワハラの場合はサービス残業や解雇と違って、白黒つけにくいし、特殊な個人間の問題でない場合は会社ぐるみで故意に行われる場合も多いので会社側もパワハラを認めようとはせず、団体交渉では解決しない場合も多い。結果的に法的手段になってしまう。とにかく泣き寝入りはしないで声を上げていく事が必要。健康を害するまで追い込まれない事。

  • わかりやすい。
    目新しい情報はないけど、
    改めて勉強になった。
    今の世の中、パワハラされる人は
    無条件で弱者であり、
    守られるべき存在なのかというと、
    うーん、難しいなーと思う。

  • 983

全4件中 1 - 4件を表示

いじめメンタルヘルス労働者支援センターの作品

ツイートする