神様に生かされた理由(わけ): 23歳で子宮頸がんを宣告されて。

著者 :
  • 合同出版
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772612302

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 巻末にQOL、検診、任よう性のページがあることがすてきでした。

  • 誠に私的な事情になりますが、
    現在、体の自由があまり利かない状態のわたしは、著者が「ガン」という重い事実をどのように受け止めたのかという点を知りたくて、この本を開きました。
    内容は、ガンに対する著者の苦悩と葛藤、親子の絆が率直に綴られていました。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1981年、大阪府東大阪市生まれ。厳しい両親への反発心から「ヤンチャ」な青春時代を過ごし、高校卒業後、バイクや自動車整備の専門学校に入学。卒業後、奇跡的に大手自動車メーカーに就職するも1年半で退職。ベンチャー企業のマンション営業に転職。「超黒字社員」として東京生活を謳歌していた23歳のときに、子宮頸がんを宣告される。抗がん剤治療、子宮のすべてとリンパ節、子宮を支える靭帯の摘出手術を経て、放射線治療を受けた。5年間の経過観察を終了し、一人で始めた全国の中学・高校などでの「いのちの授業」や講演、若い女性への啓発活動は、数多くのマスコミで取り上げられる。公益財団法人「日本対がん協会」の広報担当などを経て、現在は、特定非営利活動法人「日本がん・生殖医療研究会」で活動。がん患者の妊よう性温存に関する相談を受けているほか、厚生労働省「がん対策推進協議会」委員、「がん対策推進企業アクション」アドバイザリーボードメンバーとして活躍している。

神様に生かされた理由(わけ): 23歳で子宮頸がんを宣告されて。を本棚に登録しているひと

ツイートする