「積極的平和主義」は、紛争地になにをもたらすか?!: NGOからの警鐘

著者 :
  • 合同出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772612449

作品紹介・あらすじ

安倍首相は「紛争地の日本人を自衛隊で守る」と言うが、それが決して出来ない理由を、紛争地で人道支援活動をしてきたNGOが、具体的な事例で明らかにする。
平和憲法が、日本の武力行使を許してこなかったからこそ、紛争地で日本人は現地の人々から厚い信頼を得て、危険な時にも協力してくれる関係ができていた。
現政権の積極的平和主義の間違いが、よく理解できる本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 319.8||Ta

  • 紛争地の中で中立的立場で人道支援をやってきた組織によって書かれた本。積極的平和主義の本来の意味の解説から、アメリカ各国が紛争地で何をしてきたか、結果何を引き起こしたかを日本では決して報道されることのない、現地視点で書いている。全部が正しいと言うつもりはないけれども、アメリカの本音と建前が透けて見える一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

日本国際ボランティアセンター代表理事

「積極的平和主義」は、紛争地になにをもたらすか?!: NGOからの警鐘を本棚に登録しているひと

ツイートする