友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学

制作 : Robin Dunbar  藤井 留美 
  • インターシフト
3.54
  • (19)
  • (44)
  • (49)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 586
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772695244

作品紹介・あらすじ

友達や上手くいく集団の人数は150人まで。ネットワークは3の倍数で増える。言葉の起源は、サルの毛づくろい。一夫一婦が、脳を発達させた。家族いっしょの人のほうが健康。たがいの信頼を高める脳内物質がある。集団で笑うのはヒトだけ。その理由は…キスには進化からみた効用がある。ect。超面白・つながりの進化心理学。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心理学?進化論?の本ではめずらしく、図書館で予約待ちになっていた本。
    なんで?と不思議になって借りてみたけれど、読み終えた感想はやはり、なんで?
    特に目新しさは感じなかった。たぶん、こういった本にはめずらしいぐらい簡単に、要約して書いてあるから、読みやすいのかな?
    巻末に参考文献リストも無いし、ある意味一般書に徹したところが当たったのだろう。

    とはいえ、ダンバーの理論自体はおもしろい。他の本でよく紹介されていて、むしろそちらの方が詳しいので目新しさは感じなかったけれど、群れの大きさと脳の大きさを比較するなど、斬新だ。脳は社会性を得るために発達してきたという考えは面白い。

    ところどころに、雑学コネタ?的なものがはさまれているので、一気に最後まで読めた。

  • 進化心理学、進化人類学という学問はよく知らなかったが、これは面白い!道徳や宗教摩でも科学的に紐解く後半は一気読み必至。お腹いっぱい。

  • ウィキペディア
    ダンバー数(ダンバーすう、英: Dunbar's number)とは、人間が安定的な社会関係を維持できるとされる人数の認知的な上限である。
    ・・150人・・知識の共有は、コミュニティーの会員証みたいなものだ・・

    言葉は毛づくろいの延長

    以下メモ
    vitaminBは日光による破壊される、vitaminDは日光に当たっている生成される

    ブロッコリーに発がん性?
    野菜には硝酸塩と呼ばれる物質が高濃度で存在しています。硝酸塩は、食品(特に魚)に含まれるアミンと呼ばれる物質と一緒になると、亜硝酸塩に変化します。亜硝酸塩は食品添加物として食肉の発色剤(ソーセージやハムには大抵添加されています)に使用されている物質ですが、この亜硝酸塩は、体内でニトロソアミンと呼ばれる発ガン性物質に変換されてしまうんです。→ただしビタミンECととるといいらしい
    動物性タンパク質でつわりがひどくなる?

    ・・言語は異文化への窓になる
    ・・マルサス・・・ダーウィン

    ネアンデルタール人の肌を白かった?
    インテリジェントデザインは宗教?
    ・・・再埋葬声高に要求するのは…政治的な意図がある?

    思考意識水準、人間が5次思考意識水準までとすれば・・

    内在する限界
    二分法はのが楽だから?

    シェイクスピアは六次思考意識水準

    人はなぜ道徳的な判断を下せるのか?
    ・・心の理論が4歳位から出現・・

    ・・宗教の本当の利点・・エミールデュルケーム・・大樹橋の端で構成員にエンドルフィンを分泌させ、団結心をかきたてるには・・・宗教を共有するには5時思考意識水準までが不可欠なのだが・・・
    マルクス、宗教は人のアヘンである
    デュルケーム、宗教は小さな社会の接着剤
    ・・1番の効果は認知面にあるのでは

    ビューティフルマインド
    ナッシュ均衡を発見したジョンナッシュを描いたもの

    ご冗談でしょう、ファインマンさん

    この本はポピュラーサイエンス系の記事が元になっているニューサイエンティスト、スコッツマン

  • ダンバー数というと雑学の扱いになってしまいそうだけど、内容は認知と進化心理学についての初心者向けの本当いった感じでした。

    ダンバー数についてもう少し書かれていると思って手にとったのですが、ボリュームはそれほどでもなくやや不満。ただダンバー数は「5→15→50→150」と規模が大きくなるというのは知らなかった。

    ただ「エスキモーの変なあいさつ」や「彼女のいない男性は社会に脅威を与える可能性がある」、「つわりの役割」などについてユーモアを交えて書かれてあり、全体としては楽しく読めました。

  •  
    ── ダンバー/藤井 留美・訳《友達の数は何人?
    ~ ダンバー数とつながりの進化心理学 20110701 インターシフト》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4772695249
     
     Dunbar, Robin Ian MacDonald 19470628 England /人類学、進化生物学
    …… 専門は霊長類の行動。彼はダンバー数の定式化でよく知られてい
    る。人間にとって、平均約150(100-230)人が「それぞれと安定した関
    係を維持できる個体数の認知的上限」であると述べている(Wikipedia)。
     
     わたしが登録した友人は一人なのに、その友人は百人も登録している。
     わたしは、百人のうち誰も知らないのに、彼の誕生日には数十人もの
    バースデー・メッセージが寄せられ、逐一フェイスブックとメールが届
    けられる。ザッカーバーグは、この現象に、微笑しているのだろうか?
     
    ……“阿波 雅敏”は、いまのところフェイスブックを使っていません。
     いつの日か、充実した総合サイトに到達したいとは願っていますが、
    現時点では、十数年来のインターフェイス(様式)で対応します。
    https://www.facebook.com/masatoshi.awa.1/posts/1539956306284477
     工事中! ~ フェイスブックからの読者へ
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20140331
     フェイスブック・ハイライト
    http://d.hatena.ne.jp/adlib+bilda/20170705(準公開)
     
    http://twilog.org/awalibrary/search?word=%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF&ao=a
     |スブック
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%B9%A5%D6%A5%C3%A5%AF
     
    (20170820)
     

  • この本には人がどのように、なぜ、絆やつながりを求めてきたのか、人のルーツ、遺伝子、脳の進化過程から読み解くことができる。

  • 「つわりがあると良いこと」

    進化心理学に関する本。
    脳に関する話が多かった。
    これを足がかかりに『利己的な遺伝子』に挑戦する。

  • [ 内容 ]
    友達や上手くいく集団の人数は150人まで。
    ネットワークは3の倍数で増える。
    言葉の起源は、サルの毛づくろい。
    一夫一婦が、脳を発達させた。
    家族いっしょの人のほうが健康。
    たがいの信頼を高める脳内物質がある。
    集団で笑うのはヒトだけ。
    その理由は…キスには進化からみた効用がある。
    ect。
    超面白・つながりの進化心理学。

    [ 目次 ]
    1 ヒトとヒトのつながり(貞節な脳―男と女;ダンバー数―仲間同士 ほか)
    2 つながりを生むもの(親密さの素―触れ合い・笑い・音楽;うわさ話は毛づくろい―言葉・物語 ほか)
    3 環境や人類とのつながり(進化の傷跡―肌の色・体質;進化の邪魔をするやつはどいつだ?―進化と欲望 ほか)
    4 文化・倫理・宗教とのつながり(人間ならではの心って?―志向意識水準;カルチャークラブに入るには―文化 ほか)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • ダンバー数150の提示。「六次の隔たり」とは違う話のようだが、まぁ繋がるよな。
    5人(週一でで連絡する仲)、15人(月1)、150人(年1)で、これくらいが、個人が顔を把握できる社会単位だと。
    残り大部分のエッセイは面白い人は面白いかもしれないが、自分としてはちょっと話題が飛び飛びで真偽も不明な感じなので飛ばしてしまった。

全51件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

オックスフォード大学の進化心理学教授。ダンバー数や社会脳仮説の提唱者として知られる。邦訳書は『友達の数は何人?』『ことばの起源』『科学がきらわれる理由』。

「2016年 『人類進化の謎を解き明かす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロビン・ダンバーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
リチャード・ワイ...
スティーヴン・D...
クリストファー・...
ヴィクトール・E...
ウォルター・アイ...
カイザー・ファン...
有効な右矢印 無効な右矢印

友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学を本棚に登録しているひと

ツイートする