クリック?クラック!

制作 : Edwidge Danticat  山本 伸 
  • 五月書房
3.80
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772703437

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2001-01-00

  • 「自由に生きさせてくれ、さもなくば死んだ方がましだ」

  • 貧困や不安定な政治により,過酷で不自由な生活を強いられている
    ハイチの女性をテーマにした短編集。

    リアルで生々しく,考えさせられるが,おもしろくはない。
    もちろん面白がらせる作品ではないんだけど。

  • 2001年2月4日
    ハイチ短編集

  • 恐ろしく、苦しく、悲しく、そして激しい現実の中に、微笑ましく、温かく、たくましく、そして静かに生きる人々。女性の存在に焦点を当てつつ、ハイチ系アメリカ人作家としての独特の作風を確立するダンティカの短編集。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ハイチ系アメリカ人作家。1969年ハイチのポルトープランス生まれ。経済的理由で両親が先にニューヨークに移住し、12歳のときに渡米して両親と合流、以後ブルックリンのハイチ系コミュニティで育つ。修士論文をベースに書いた『息吹、まなざし、記憶』でデビュー。『クリック? クラック!』で全米図書賞最終候補、『骨狩りのとき』で全米図書賞、『愛する者たちへ、別れのとき』で全米書評家協会賞を受賞。2018年ノイシュタット国際文学賞受賞。デュバリエ独裁政権による民衆弾圧、隣国ドミニカによる虐殺などのハイチの暗い社会的記憶を、声高にではなく静謐で抒情的な筆致で描く作風が高く評価されている。

「2018年 『デュー・ブレーカー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クリック?クラック!のその他の作品

Krik? Krak! (Vintage Contemporaries) ペーパーバック Krik? Krak! (Vintage Contemporaries) エドウィージ・ダンティカ
Krik? Krak! ペーパーバック Krik? Krak! エドウィージ・ダンティカ
Krik? Krak! Kindle版 Krik? Krak! エドウィージ・ダンティカ

エドウィージ・ダンティカの作品

ツイートする