なぜリーダーはウソをつくのか 国際政治で使われる5つの「戦略的なウソ」

制作 : 奥山 真司 
  • 五月書房
3.33
  • (1)
  • (6)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772704977

作品紹介・あらすじ

国家はなぜ互いにウソをつくのか、「戦略的隠蔽」は"国益にかなう"のか、「恐怖の煽動」はどう使われるのか、「ナショナリスト的な神話」はなぜ創られるのか、「リベラル的なウソ」は信じられるか。米国リアリズムの第一人者がはじめて解明する、国際政治とウソの真実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • それでも国家は自国の利益のために嘘を使わなければいけない。
    嘘の定義がすばらしい。狭義の意味で使うことで隠蔽や騙しと区別している。
    ウソはばれるし、バレなければウソではないのかもしれない。

  • 国際政治でのリーダーの話であるが、組織全般のリーダー、特に企業の経営者・管理者に応用できそうだ。
    その際、「ウソ」の再定義、リーダーシップのあり方等の議論を整理する必要がある。

  • 国際政治ではウソをつくことが許されることがある。
    国家のリーダーたちが国際政治でウソを使うりゆうは2つ。1つは国益で戦略的なウソ。もう1つは国家の存続とほとんど関係ない自己中心的なウソ。
    国家間のウソ
    1.厳しい安全保障競争が行われている地域
    2.平時よりも戦時で使われる
    3.同盟国よりライバル国に対してウソをつく

    一般の国民が脅威を理解出来ない場合にもウソをつく

全3件中 1 - 3件を表示

ジョン・J.ミアシャイマーの作品

ツイートする