練習ぎらいはゴルフがうまい!―プラスハンディが考えた合理的スウィング作り (ゴルフダイジェスト新書)

著者 :
  • ゴルフダイジェスト社
2.94
  • (2)
  • (3)
  • (8)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 47
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772840767

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「練習はするな、実験をしろ」でしたかね。
    これは至言です。

    技術的なことも多少書かれていますが、
    これは人によって合う合わないがあるでしょうね。
    その部分は、私はあまり取り入れませんでした。

    しかし、再現性の高いスイングを完成させれば、
    そうそう練習しなくても、そこそこはできるはず、
    という本書のメインテーマには直観的に共感しました。
    自転車に一回乗れれば、何年ブランクがあっても乗れるよね?
    ってことですね。

    私の専門はバスケットのシューターでした。
    何年もやってませんが、今3Pシュートを打っても、
    そこそこの確率で決めれる自信はあります。
    それはやはり、運動学的に理に適った再現性の高いフォームを身につけているからです。

    私もゴルフを始めたころ、練習場に通い詰めて、打ちまくりました。
    そこから学んだことは、
    「下手な鉄砲を数打っても、下手を固めるだけだ」
    ということでした。

    それ以来、練習は止めました。
    月1のラウンドですが80台で回れるようになりました。
    これからも練習はしないで、パープレーを目指したいと思います。

  • パープレーが本当にできるかも。。と思える本。
    とりあえず実践、実践!!

  • ゴルフってのは、いかにいいショットをするか、ではなく、どうやってコースを攻略するかを考えるゲームってことなのかな。

  • 結構期待して読んでみたが、少し理論が高度すぎるのかな。
    期待はずれ。
    初心者には向いてないと思う。

  • 2009/08/31読了

  • 「ゴルフは楽しんでやって72で回れ」というのが著者の主張。
    できるのか?と思いつつも納得させられる感もある。

    ・合理的なスイングを身につける
    ・コースでの考え方を学ぶ
    ・練習ではなく実験を繰り返す
    ことで72を目指せるとのこと。

    納得はするものの、72は遠い・・・

  • フックとスライスの打ち分け方については、目からウロコ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

ゴルフ科学研究所主宰
1955年生まれ。機械エンジニアを経て、ゴルフ科学研究所を設立。大学時代に専攻した宇宙工学の知識を基に、ゴルフスウィングのメカニズムを科学的な視点から研究し、誰でも短時間で身につけられる合理的なスウィングを編み出した。2010ゴルフダイジェストアワード レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞。最高ハンディは+4。著書に『練習ぎらいはゴルフがうまい! 』(ゴルフダイジェスト社)など多数。

「2017年 『パープレーが当たり前!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐久間馨の作品

ツイートする