透過性恋愛装置 (CROSS NOVELS)

制作 : 花本 安嗣 
  • 笠倉出版社
4.03
  • (76)
  • (46)
  • (43)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 327
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773003222

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 誰か一人でも、感情移入できる登場人物がいるとよかったんですが、わたしの場合、できる人物がいませんでした。

    子どもっぽく、傍若無人な主人公が恋をきっかけに内省・成長していく話なのですが…

    子どもっぽさには、素直な可愛らしさ、子ども独特の自己中心的考えから来る、ある種の傍若無人さなど、色々種類があると思うのですが、この主人公には最初、傍若無人さしか無かったので、その後反省して、少々の素直な可愛らしさが加わった所で、最初の印象とあまり変わらず、それゆえ感情移入できませんでした。

    これが可愛いと思えるのは、かなり許容力を高めれば、心の狭い私にもそう思えるかもしれませんが、それが恋愛感情につながる程の物にはとても感じられませんでした。

    成熟した大人であるところの牧田さんが、どこをどう可愛いと感じたのか、疑問を感じます。むしろ主人公に可愛さを感じる牧田さんが、ちょっと変態はいってるという設定なのだとしたら、そっちの話の方が納得いきそうです。というか、話的にはそっちを読んでみたいです。

  • これはホテルマン紳士牧田の素敵さにつきる作品。臀部に響くような声でグレゴリーベックみたいな美丈夫なんでしょ?建築や服飾小物の描写も魅力的、品のいい巧さに惚れ惚れ。今回のハイライト「浅緋色のいたいけな箇所」秀逸。スピンオフ「月一滴」とのループ読みが止まらない。

  • 2016/03/10-03/05

  • 「上海金魚」のスピンオフ。
    う~ん・・・受けの性格が私には受け入れがたかったです・・・。
    前半は本当に高慢で周りが見えてなくて非常識で、社会人としてどうなん??という感じです。
    仕事はできるらしいけど、頭は悪いよねぇ・・・。

    時々出てくる前作キャラ・滝乃がかっこよすぎました。
    滝乃の面目をつぶしまくる北澤に本当にイライラして
    早く縁切ればいいのにとまで思いました。

    後半は牧田への恋心を自覚して、
    一気に乙女モードになるのですが、
    これが可愛いと思えるかどうかが
    分かれ目になってくるでしょう。

    私は、変貌が気持ち悪くて無理でした・・・。
    もう30過ぎてるんでしょ・・・?
    高校生じゃないんだから、知らなかったでは許されないよ。

    二丁目で配慮なくベラベラ喋るのにも幻滅しました。
    たしなめられても全然心に浸透しないのね。
    悪気がなく悪い事を言いまくるのは
    本気で性根が悪いってことだからね!
    本当に愛想が尽きました。

    なので、牧田が受け入れたのに心底がっかりしました。
    一回徹底的に降られてぺしゃんこになってしまうといいのに!

    こんな感じで終始怒っていましたけど、
    スルスル読めたので面白かったのだとは思います。

    この受けが可愛いな、と思えれば多分すごく面白いのかも。

  • ▼あらすじ

    若手建築士として注目を浴び、己れのルックスにも自信を持っていた北嶋は、
    とあるコンペでホテルマンの牧田と出会う。その落ちついて控えめな物腰を軽んじ、
    コンペで最優秀賞を逃したことで牧田にいちゃもんをつける北嶋だったが、
    常に大人の余裕を持つ牧田に諌められ高慢な鼻をへし折られてしまう。
    それをきっかけに牧田の人間性に触れ、恋に落ちてしまった北嶋は、
    思い付く限りの策を弄するのだったが…。

    ***

    ★3.5…ってとこかな?
    かなり苦労して手に入れた作品なんですが、買った後で受けが私の苦手な
    眼鏡キャラという事に気が付き、そのまま何となく読むのを放置していた作品です…。
    それでもやっと重い腰を上げて読みましたが、やっぱり受けは好きになれず…。
    眼鏡を取ればイケメンだとは思うけど、そんな事よりも
    何が好きになれないって眼鏡よりもまず性格ですよ、性格!(笑)
    今までそれなりに多くのBL小説を読んで来ましたが、こんなにもナルシストで
    性格と口の悪い受けが出て来る作品を読むのは初めてです。
    特に前半なんて、こんな性格で大丈夫かと頭が痛くなるくらい
    口も態度も性格も酷い有様で、正直、好感のこの字も持てませんでした…。

    そして中盤…牧田への恋心を自覚してからはそれこそ
    180度性格が変わってしまい、とにかく思考も言動も乙女。
    ハッキリ言って気持ち悪いレベルで、なんだかなー…って感じです。
    そういう言動が許されるのって20代までじゃない?
    32歳でその子供のような乙女のような口調はどうなのよ?と
    冷静になってツッコミを入れてしまう自分がいて…。
    これが佑季のようないかにも健気系な受だったらまだ違和感ないですし
    私としても最高だったんですが…まぁ、これは好みの問題だから仕方無い…。

    でも、反対に攻めのキャラはめちゃくちゃ良かったです!
    かなり自分好みというか、受けがあんなんだから余計素敵に見えるというか(笑)
    常に落ち着いた態度を崩さず、物腰も凄く柔らかで、ホテルマンだから対応一つ取っても
    どこまでも丁寧でスマートで…まさに究極紳士。拍手喝采です(笑)
    でも、優しいだけじゃなくてベッドの中では豹変しちゃうっていう…!!
    もう普段の牧田さんの紳士ぶりからは想像出来ないくらい意地悪でねちっこい…!
    あーーっ!このギャップたまらんっ!!(笑)
    しかも、書き下ろしの牧田さん視点の話を読むと牧田さん、
    受けに対して「このガキ…」って心の中で思っちゃってるし!
    優しいだけじゃないって素敵(笑)

    …とまぁ、受けには殆ど萌えられませんでしたが、
    攻めにはとても萌えたのでそういう意味で言ったら楽しめる作品でした。

    余談ですが、ドラマCDのキャストを知らずに牧田さんの声を勝手に安元氏で
    想像して読んでいたら、本当に牧田さんの声を安元氏が当てていて吃驚しました(笑)
    やっぱり低くて腰に響く良い声と言ったら安元氏は定番ですよねぇ〜。

  • 評判が良かったので泣く泣く古本で購入。再版して下さい!という世の乙女の願いは中々叶えられないようです。
    かわいさんの作品の中でもかなり評判の良い話だったので期待していましたが、私には合わなかったです。
    天上天下唯我独尊な強気受けが、本当の恋を知って一途な乙女になってしまう話。やりすぎの感はあるけどそれはまあいい。だめだったのは濡れ場での受けの乙女化でした。女々しく見える受けは実は好物なのですが、ここまでキャラが180度変わってあんあん啼かれてしまうと、戸惑いばかりが先だってしまいました。
    作中に出てくる友人カプはとても好みだったのでそこは良かった。その友人カプの話もまた絶版というのが悲しいけど。
    再版されたらちゃんと買いなおします。

  • 恋する北嶋がかわいすぎる!

  • ★3.5。シチュもキャラも個人的に萌える設定ではなかったけど、受の強烈な性格がどんどん可愛くなり、面白かったです。ただ攻→受の心境の変化が「?」。受に比べて登場も少なく、なかなか仕事の顔を崩さないスマートなノンケ攻が、果たしてどうやって恋愛モードになるのか?と思ってたらそのままスマートに受を抱いたので、「あれっ?」と。しかし二人共、エロでは普段の性格から真逆に豹変する様は萌えました!攻がとんでもないSだった(笑)受の傍若無人を猫の戯れと言ってのける攻の器のデカさ…。

  • 面白い…。
    ちょっと難ありなキャラがまた新鮮です。

  • ホテルマン・牧田×若手建築士・北嶋。
    とてもよかったです。人を本気で好きになったことがなかった俺様王子様な北嶋が牧田に惚れてどんどん乙女になっていくのが可愛くて楽しかったです。普段とのギャップもまたよい。

    牧田が北嶋と本気で付き合う気になった部分がもっとわかりやすいとなおよかったなと思います。

全42件中 1 - 10件を表示

透過性恋愛装置 (CROSS NOVELS)のその他の作品

透過性恋愛装置 (CROSS NOVELS) Kindle版 透過性恋愛装置 (CROSS NOVELS) かわい有美子

かわい有美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
かわい 有美子
かわい 有美子
有効な右矢印 無効な右矢印

透過性恋愛装置 (CROSS NOVELS)を本棚に登録しているひと

ツイートする