恋する王子様と箱入り花嫁 (クロスノベルス)

著者 : 高峰あいす
制作 : 緒田涼歌 
  • 笠倉出版社 (2010年12月10日発売)
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773085341

恋する王子様と箱入り花嫁 (クロスノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大学生・広瀬香×フランス人企業経営者・レオポルドのカップリングです。
    香の父親が経営していた貿易会社が左前になって
    その会社を買う権利をオークションで獲得するゲームが開催されて
    最初の参加者がレオポルドっていうところから話が始まります。
    香込で、会社の売買をするゲームを始めたのが、
    香の親友の兄・花月という登場人物や
    脇キャラもそれなりにおもしろく書かれており、
    愉しく読めました(^^)

  • …政略結婚?モノ?
    表紙のイラストが絶品。
    中身は……ちょっともう少し色々、こう…歯切れが悪くなるというか。このゲームは酷いかな。とかお話のバランスの悪さだとか双子妹ちゃんへの配慮の無さとか。

  • ちょっと酷すぎる設定に、ガッカリでした。

    家の事情で人身御供は此の手のジャンルではテンプレですが、あそこまで弟を溺愛する兄が、あんなゲームを許すでしょうか。。。
    妹なら良しとか、良い所に嫁にだすためとか書かれてましたが、まんま売春ですよ。
    抱かれてみて相手がこちらを気に入らなければ、契約破棄で次の男に抱かれるとか、酷すぎる設定。
    弟でなく妹ならOKと、普通、兄が言うでしょうか?
    あの兄でも流石に言うまい。

    設定に無理がありすぎです。

  • 香(受)が家の事情に振り回される政略結婚もの。
    レオポルド(攻)と隆昌(兄)と花月(二人の悪友)の関係がとっても怖いし、もう少し表現してほしい所です。
    そして香の親友で花月の義弟の千鶴にもっともっと出張ってほしかったですね。
    これ、スピンオフって出るのかしら??

全5件中 1 - 5件を表示

恋する王子様と箱入り花嫁 (クロスノベルス)のその他の作品

高峰あいすの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かわい 有美子
有効な右矢印 無効な右矢印

恋する王子様と箱入り花嫁 (クロスノベルス)はこんな本です

ツイートする