てとてとて パパとレオくんとボク (クロスノベルス)

著者 :
制作 : みずかねりょう 
  • 笠倉出版社
3.36
  • (0)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773086607

作品紹介・あらすじ

調律師の凪は男手ひとつで息子・輝を育てていた。ある日、仕事先の屋敷で突然、見知らぬ青年に襲われてしまう。端正な顔立ちに威圧感を漂わせた男・玲央は、凪のことを男妾だと誤解していた。だが輝のお陰で、その誤解も解け、玲央は凪の手料理に喜び、度々食事を共にするように。そんな穏やかな時間は、元妻の出現によって壊されてしまう。最愛の息子を奪われそうになり、不安定になる凪を、玲央は傍にいて抱きしめてくれた。玲央に惹かれていく凪だが、大企業の後継者である玲央との身分差を思い身を引く決意をして-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どもが出てくる話好き。ラブラブ幸せに暮らして欲しいなあ。

  • 主人公は家族に対する思い入れで将来を決定してしまう。
    その点は最後まで変わらないからなんかもどかしい感じがしますね。
    才能をそのまま埋もれさせてしまう感じでもどかしいです。
    あとはただただ甘いです。子どももかわいい。

  • ちょっとあらすじから想像していたのとは違いましたね。身を引く部分で切なさを感じるかな?と思いきやそんな場面全然なかったというか、あれ?あれがそうなの?って感じだったし、前半部分では可愛いお子様も出てくるんだけれど、後半は可愛いお子様の変わりにちょっと頭がイッテル母親に出番が回ってきてと、ほのぼのなんだけれど、なんともすっきりしない読了感でした。

全3件中 1 - 3件を表示

てとてとて パパとレオくんとボク (クロスノベルス)のその他の作品

松幸かほの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする