夜明け前 (クロスノベルス)

著者 :
制作 : 松尾 マアタ 
  • 笠倉出版社
3.19
  • (0)
  • (5)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773086782

作品紹介・あらすじ

病に冒され、人生のほとんどをベッドで過ごしてきた旭飛は、たまたま見ていた映像に釘付けになった。そこには、幼い頃、誘拐された自分を助けてくれた男・カミーユが映し出されていたから。その時の彼の言葉と印象的なタトゥーは今も旭飛の心に強く残っていた。再発の危険を抱えながらも大学生となった旭飛は、パリの街でカミーユと再会する。しかし、彼はマフィアの幹部だった…。生きる世界があまりにも違う二人。旭飛を突き放すカミーユだが、旭飛にとっては、生きる糧だった彼を忘れることなどできるはずもなく。身体だけの関係でもいいと懇願するが-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 闇をもつカミーユなのに誠実な性格なんだよね、なのにタトゥー!そのギャップが素敵(≧∇≦*) 旭飛くんおぼっちゃまなのに行動派!大胆な性格にギャップ萌。でさらにマアタさんの絵が合ってるのでキャラを引き立ててたよ。

  • ディアプラスの2冊が面白かったので買ってみたのですが、あれ…?
    出だしはすごく面白かったのですが、構成のバランスがすごく悪く感じましか。配分。後半ページ残ってないのにまだ新たに事起こすの?!て正直思ったよ父襲撃。らぶも割と放置気味で最後きてたのに残り数頁なのにらぶ以外に使っちゃうのー?てなりました。というかその前の父との対話から要らなかったよ。突然出てきた父と突然そんな話始められても棒読み!なんて説明的なセリフ!ていう(笑)
    全体的にもセリフが説明的すぎて、地の文もそうだったし、脚本読んでるみたいでした。あとp102だったか、文の後半が行方不明でびっくりしました(笑)あそこに入る文章なんだったんだろ。
    リンクスで読んだ2冊もそういえばこっちの印象だったので、文庫の方が合うとかなのかなー。

全2件中 1 - 2件を表示

夜明け前 (クロスノベルス)のその他の作品

華藤えれなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする