いつか恋に落ちる君へ (クロスノベルス)

著者 :
制作 : 高崎 ぼすこ 
  • 笠倉出版社
3.91
  • (2)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773086850

作品紹介・あらすじ

憧れのオーストリア史を学びに、ウィーンに留学した春希。その生活は苦しく、食費を削って研究に没頭するあまり、資料収集に訪れた屋敷で倒れてしまう。主である侯爵・クラウスは失態に怒ることなく、春希にパトロンとしての支援を申し出てくれた。初めは戸惑っていた春希も、彼の嘘のない優しさに負けて頼ることに。身分の差はありながら、二人は良い友人関係を築いていた。ふとした時に触れる彼の体温に、鼓動が高鳴ることもあるけれど、これは単なるスキンシップ。そう思っていた春希に、クラウスは愛情ではなく欲情で接しているのだと忠告されて…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高崎ぼすこ先生のイラストが秀麗の一言。素敵です。

    研究バカな春希が人を疑うことなんてこれつぽちも思わないわけで、友人と信じていたテオドールに裏切られるのはまあ仕方ないといえば仕方なかつたのかも。
    春希が心配でならなくても仕事を優先させるクラウスに好感持てます。
    最後の最後では春希優先になっていましたけどね、ここで春希の方に行ってくれて、ようやく!な思いでした。
    それにしても春希のダメージが気の毒な位に。よくぞ立ち直ってくれました。
    お幸せにと言いたいですね。


    ん?そういえば留学期間終わったらどうするんだろう、春希くん。この二人が離れるわけないですよね。



    終章のクラウス目線の話は特典SSみたいな内容でした。
    見目麗しいクラウスがスケベオヤジだわー笑

  • テオドール下衆いわあ…。どうなるかと思ったけど終章の2人、とくにクラウスが幸せそうで良かった^^

  • 直筆サイン入り…手に取ったのに…くっ!やはりもう無かったロマンティックでしたぁ~(≧▽≦) 王道セレブ美形攻め萌えでした。そして完全にぼすこさんのファンになりました。発売記念ペーパーのカール視点の話も悶え死にそうだった。

  • 幸せになれてよかった、

  • 美しいタイトルと絵柄に惹かれて購入。
    でも何かイマイチ。読み終わってもうーん…って感じですっきりしません。

    侯爵、パトロン、貴族、紳士などなど…自分の好きな萌え要素がギュッと詰まってはいたのですが
    ちょっと期待していたのと違ったというか。或いは期待し過ぎていたのかも。
    前半は楽しく読めていたし、割と萌えた部分もあったのですが
    物語が進むに連れて春希(受)にイライラしてしまう部分が多々あって。

    特にえぇー…って思ったのがテオドールの件で、春希にあんな酷い事をしたのに
    後日談みたい感じでパパッと片付けられてしまいこれでは不完全燃焼もいいとこです。
    これでクラウスが直々にテオドールの元に出向き、きっちり懲らしめるような描写があれば
    スカッと出来たのでまだ良かったかもしれませんが何か適当だなぁ…って感じです。

    最後は駆け足で終わってしまった印象が強いのでそこも気になりました。
    期待していただけに心の底から面白いと思えなくて残念。

全5件中 1 - 5件を表示

いつか恋に落ちる君へ (クロスノベルス)のその他の作品

いとう由貴の作品

ツイートする