じゃじゃ馬花嫁 (クロスノベルス)

著者 :
制作 : 水名瀬雅良 
  • 笠倉出版社
3.31
  • (2)
  • (3)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773087291

作品紹介・あらすじ

童貞ゆえの妄想力を生かし大手玩具会社で大人のオモチャを開発する和紗は、とある吉日、社長・結城の花嫁となった。なぜなら結城の婚約者で和紗の妹が式直前に駆け落ちしてしまったのだ。まあそれはいい。兄として当然の責任だ。だが、初夜まで要求され処女を奪われた和紗は、結城のテクニックでメロメロにされてしまう。しかもそのまま結城の新妻として破廉恥な新婚生活を送る羽目になり-。絶倫旦那様×DT花嫁のHいっぱいSweetLife。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 攻め:結城
    受け:和紗


    双子の妹が結婚式当日に姿を消してしまい、代わりに花嫁姿になって結婚式を乗り切った和紗。
    花婿は和紗の会社の社長で、妹が見つかるまで花嫁の
    身代わりをしろと抱かれてしまい…。


    よくある花嫁身代わりもの。
    それをどう違った話にするか?
    今作品は和紗が大人のオモチャ(アダルトグッズ)開発者というところか。しかし、そこまでは使いこなしてなかった。
    同じ部署の後輩からストーキングされ、挙句は攫われエロい事をされそうになるも結城が助けに来ると在り来たりの展開になり、しかも、和紗の代理嫁を気づいた仲人夫人が実は探偵でなんでも闇の処理が出来る、とか、どこまで都合のいい展開なの(^^;;
    と、途中から興醒めしました。安直過ぎて(^^;;
    もう少し話の内容なんとかならなかったのか?

    水名瀬さんの挿絵なので3つの評価にしました。
    惜しかった作品です。

  • 年上攻 主×従 身代わり 女装 すれ違い 俺様攻

  • (感想)

    身代わり花嫁もの


    最後のショート(その後)は面白かったです。
    逆にこちらの2人の雰囲気で本文書いていただけたら
    星×4になってましたね。
    エロ部分だけでなく、
    お互い対等の関係になってからの方がそれぞれのキャラが良い!!


    内容は攻めと結婚するはずだった自分の妹が式当日に失踪。
    その妹の身代わりとして兄の受けが花嫁に…
    という、ある意味お決まりパターンでした。
    なので正直この手の内容を沢山読んでると
    もう少し何か欲しいかなぁと。

    逆に彼らの職場が面白いのです。
    ですがそれらを身代わり花嫁ってものが邪魔してるというか…
    オフィスラブ1本でいった方が良かったかもです。



    ●特典ペーパー●

    面白い!!

    和紗のギャップ(一見清楚で実は脳内妄想の激しさ)が生きてます!!

    大人のオモチャ開発に携わってる和紗。
    プレゼン中にも会社の社長でもある恋人の結城を物欲しげに見つめてる。
    会議後2人で部屋に残りラブラブに突入なのですが
    和紗の出してきたものとは…

    はい、結城のサイズで勝手にディルトを作ってました。
    そこまでは普通にありそうな展開かなと思ってたら
    それについての説明が笑えるくらい真面目でエロい!!
    陰嚢についての残念がってる顔が浮かんできそう(^^;)

    この会社は和紗がいれば安泰だね!!

    その後の方が面白いので
    誰かコミスタの小冊子レビューしてくれないかな?

  • きゅんきゅん。展開は読めてたけどいいわあ。

全4件中 1 - 4件を表示

じゃじゃ馬花嫁 (クロスノベルス)のその他の作品

秀香穂里の作品

ツイートする