狐の婿取り2.5 (CROSS NOVELS)

著者 :
  • 笠倉出版社
4.22
  • (8)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773087949

作品紹介・あらすじ

「あかちゃん、とりさんになっちゃったの?」代替わりをし烏天狗の長となった橡は、仕事の傍ら、山奥にある住処で卵を温めていた。そして、もう孵らないのではと思っていた卵が割れた時、橡の子育て地獄が始まって-!?他、陽の別荘建築で村人大興奮『陽ちゃんのツリーハウス』。涼聖のもとを訪れた客人に琥珀は…『涼聖さんのお友達』。月草と狛犬達の萌え過去話『月草様と狛犬兄弟』など。「カワイイ」がたくさん詰まった、「狐の婿取り」番外編集

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シリーズ番外編2.5巻。
    2巻の次に読むと繋がります。
    4つの短編が読めます。
    2巻に出てきた烏天狗の橡(ツルバミ)が赤ん坊の弟を育てるドタバタ育児「橡の諸事情」、新しく祠を建てるついでに陽ちゃんのためにツリーハウスを作ってもらう「陽ちゃんのツリーハウス」、前の仕事場での涼聖の先輩が療養休暇で泊まりに来る「涼聖さんのお友達」、月草の神社の狛犬たちの昔話「月草様と狛犬兄弟」、ざっくりこんな話。
    本編とは違い別の視点からストーリーが読めるのは新鮮だった。橡が育児に奮闘するなんてのは見ていて面白かったかな。
    無いかなと思っていた性行為シーン(笑)は、やはりBL小説、ちゃんとありましたよ(笑)
    癒しを求めるには最適のBL小説では。
    子狐、陽ちゃんは巻を重ねるごとに成長するのか見ものです(笑)

  • 番外編のほんわか日常。
    つるばみさんの子育て編
    はるちゃんのツリーハウス
    倉橋先輩訪問
    月草狛犬編など

    どれも可愛い。としか

  • 4つのお話が入った短編集。烏天狗の橡が再登場は嬉しかった。白烏のひなとちび狐になった陽のお昼寝タイムは私もとりあえず写メるよね! 陽の為に村の人たちが作ってくれた純和風なツリーハウス、涼聖の先輩が抱えていた問題や地域医療の問題、月草様の狛犬兄弟のほのぼのエピ。現実的な問題もありますが概ね陽の素直な可愛らしさに癒やされつつ楽しく読みました。このシリーズはもう陽が主人公になっちゃってますね♪

  • 今回は番外編で短い話が何作かまとめてあった。やっぱり可愛くて面白かった。エロ成分は少な目だけど陽ちゃん多めなので大満足。キリンとゾウの話が小さくても神様って感じで良かった。

  • もふもふかわいい!癒される。本編続編も発売されるみたいで嬉しい!

  • 可愛さ満載な番外編。橡さんの子育てっぷりがとっても微笑ましくて可愛かった〜!綿ぼこりなぽわぽわヒナの姿も赤ちゃん姿もめちゃめちゃかわいい〜!成長する過程もぜひ読みたい。相変わらず陽の可愛さも存分に堪能!みんなに愛でられる愛くるしさったら(萌)涼聖さんのお友達の倉橋さん、きっと集落に越してくるんだろうな〜③でその辺り描かれるのかな。発売待ち遠しいです。

  • 陽くんのターンが多くていちゃいちゃしてるところが少なかったのが少々残念。

全7件中 1 - 7件を表示

松幸かほの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×