狐宝 授かりました (CROSS NOVELS)

著者 :
制作 : 問 
  • 笠倉出版社
3.57
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773088762

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 可愛いお話。受からの好意の視線に、徐々に気になっていたという攻の告白に萌え。ただ孕んでから特に大きな事件がないのが気になったといえば気になった。文庫だったらそうでもなかったけどノベルスだから余計に。子供可愛いし受も可愛い。攻もかっこよくて○だけど、もうひとつ大きなものが欲しかったかな。

  • 最近妖狐モノばっかり読んでますが何でだろうw好きな作家さんが流行にのって一斉に出したせいなのか。オススメされる履歴にこういうの好きでしょ?読みなよってオススメされているのかw

    妖怪モノといっても他のものとは趣向が違って、妖狐の子供妊娠しちゃったどうしよう!というのがメインのお話です。一夜限り(といっても好意あり)の相手だと思っている訳ですから、すれ違い&寿命や子供を取られてしまう恐怖など切ない気持ちになれる作品でした。
    小狐達が可愛いので子育て編があれば読んでみたいですね!

  • 妖狐一族の総領息子・千寿×天涯孤独の大学生・和喜。
    おもしろかったです。千寿の考えがなかなか見えづらいので、最初は和喜も妊娠したから大事にしてくれてると思ってて切ないんですが、だんだんそれだけじゃなく、千寿も和喜と離れがたく思うようになっていく。ふたりの気持ちが重なりあっていくような展開がよかったです。
    千寿のお祖父様のキャラが楽しかった。あと傀儡たちも動きが可愛らしい。

  • きゅんきゅん。ケモ耳ラブ

  • 話としてはまあまあ。
    だけどBLとしての萌はなかったなあ。
    タイトルからもふもふの狐だし、子供が生まれるのはわかってる。
    それはそれで好きな設定ではあるんだけど、ちょっと違う。
    男しかいない妖狐が子供をなす為だけに人間社会にいて、子作りする。
    相手が女だと気づかないうちに子供が生まれて、赤ちゃん連れて自分達の世界へ。
    ごく稀に男でも妊娠するんだけど、女と違って気がたくさん必要となり、さらに生まれるのと引き換えに、的なオチ。
    後半、最後近くにラブは感じられたけど、終始ストーリーのメインは妊娠のこと。サクッとは読めるんだけどね。
    わりと好きな作家さんだけど、この話はちょっと残念でした。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

小中大豆(こなかだいず)・作家・白泉社「指先がすれ違う」にてデビュー・現在、BL各レーベルで執筆中

狐宝 授かりました (CROSS NOVELS)のその他の作品

小中大豆の作品

ツイートする