アメリカ大統領の履歴書―220年にわたる暴虐の歴史!自由の国アメリカの向こ (SAKURA・MOOK 1)

  • 笠倉出版社 (2008年11月発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773093971

アメリカ大統領の履歴書―220年にわたる暴虐の歴史!自由の国アメリカの向こ (SAKURA・MOOK 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • CHANGE!!

    そんなテーマを掲げたアメリカ。ついにオバマ政権が目前です!!
    これが出版されたときにはまだオバマと決まってない時期でしたが、ちょうどいい時期なので手にとってみました。

    そして手に取ってびっくり!
    完全に反米精神丸出し記事の雨あられ!
    この本の手にかかればアメリカの歴代大統領は全員極悪人になりさがります。
    あのリンカーンですら独裁者!ワシントンだって悪く書かれてます。もう読んでて笑うしかなかった!
    図や写真などが使われているのではじめはアメリカ大統領の辞書にでもなればいいかなーなんて思ってたけど(実際なるにはなりますが)これはいろんな意味で凄い!アメリカ嫌いな人には本当にお奨め!
    なにかと悪いように書かれていたり、悪いイメージの表現が使われています。 あと誤字脱字も目立ちました。

    そんなアメリカ大統領ですが、ぱらぱら見てたら世界史の知識も少しずつ思い出してきて気づいたら20人以上アメリカ大統領を覚えてた。
    1〜7、16、25〜44代がわかるが、これ以外の人はまったくもってわかりませんでした。聞いたこともなかった。でもま、あんま知識としてもいらない気がしますが。。。

    この本を読んでるとアメリカ大統領終わってるなーとしか思えないかもしれないですが、改めて見ていくとやっぱりアメリカって凄いと思います。世界史=アメリカ史と言っても過言ではないんじゃないかってくらいアメリカ中心に世界が回ってるし(少なくとも1900年代は)大統領なんてそのトップに君臨してたわけだし。一歩間違えれば世界の終わりだからね。それに比べて日本はどうだろう?一歩間違えても日本すら終わらない気がします。

    あんまこういうこと語るのは好きじゃないのでこのへんで。
    とにかく反米色が半端ないですが、そういう意味でもなかなか楽しめる一冊なんではないかなと思いました。こういう見方もあるんだなと。

全1件中 1 - 1件を表示

アメリカ大統領の履歴書―220年にわたる暴虐の歴史!自由の国アメリカの向こ (SAKURA・MOOK 1)を本棚に登録しているひと

ツイートする