星屑シトロン (クロスノベルス)

  • 笠倉出版社
3.83
  • (21)
  • (28)
  • (28)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 229
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773099959

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 清泉学院シリーズ第三弾。恋愛と同じくらい、学院の行事イベントにストーリーを割いているのがこのシリーズの良さなのだが、今回はわりと未消化なのが目立つ。前生徒会との確執など、カタルシスを味わえそうなシチュだったのにもったいない。だからというわけではないが、攻はともかく受の弾正はちょっと魅力が不足していた。
    けれど、前作、前々作のカプが顔を出しシリーズファンへのサービスは充実。ムクさんの挿絵も素敵です。

  • ゆるふわな印象

  • 清泉学園シリーズ第3弾。フェロモン垂れ流しなヘタレワンコの堂本と伝説の生徒会長として語り継がれてる弾正。伝説だった弾正も実は小役人気質の生真面目などこにでもいる高校生で、ワンコの堂本にほだされちゃったのね的な可愛いお話でした。でも、堂本は弾正の隙をついてくるあたり、ただのワンコじゃなかったのかもね(笑) 他2つのSSが入ってます。衛守と峰の甘い可愛い2人が読めて嬉しい! 好きな人がいるって言ってみたかったという峰… 可愛いすぎでしょう❤

  • アホなワンコのフリして意外に・・・な副会長が萌えといえば萌え・・・・だったかな? 
    しつこく書かれているほど垂れ流しフェロモンが感じられなかったのが残念。こりゃにーちゃんの方が面白くなりそうだな、とw 
    んで会長さんはそうやって絆されてどんどん可愛くなっちゃいなさい!

  • 『空色スピカ』シリーズ三作目。やっぱりこのシリーズすごく好きだな~と思う。
    八ヶ岳山麓の半寮生名門男子校で繰り広げられる、楽しい高校生ライフ。
    読んだ後に高原の風みたいな、さわやかな清涼感が残る。そしてちょっと甘酸っぱい。

    ただし、今回は物語のおもしろみという点で、個人的に三作中一番低めかも。
    どなたかのレビューで、攻のキャラが定まっていないと読んだのですが、全く同感です。
    攻の堂本(副会長)は、見た目はワイルドなフェロモン番長だけど、中身はちょっと頭の悪そうなヘタレワンコ・・・と見せかけて実は獰猛な肉食獣です。なんかややこしいぞ!!
    しょっちゅう無駄にフェロモンを垂れ流している、いかにも牡くさーい男という設定なのですが、話し口調も結構おっとりとしてソフト、小椋ムク さんのイラストもやさしい感じで、ちっともフェロモン全開ワイルド男な感じがしなかった。
    今回、攻の良さが文章から伝わりづらかった気がします。結構いい男だと思うんだけど、そこが残念。
    攻はこういう人間だ!と印象付けるようなエピソードも思い当たらない。
    一方、受の弾正(生徒会長)は今までで一番普通の男の子だった気がする。
    生真面目で責任感が強く、性格は小役人風というか、何でも真面目にやって割を食うタイプ。
    見た目も上の下ぐらい。整ってはいるけど、パッと人目を引くタイプでもない。
    よもや男の子からの恋愛対象になるようなタイプでは決してないのです。
    物語最初から堂本は弾正ラブなのですが、そのへんのきっかけもわかりづらかった。
    この弾正、しっかり者そうなのに結構ぼーっとしていて、実は隙だらけ。
    ヘタレワンコだと安心しきっているうちに、あっという間にほだされて、まんまと食われます。
    ストーリー全体的にハラハラもしないが、あまりドキドキもしないという感じ。
    ふたりが心の距離を縮めていくエピソードがもっともっと読みたかったな。

    前2作の登場人物もしばしば登場するので、このシリーズ好きな方にはたまらないのではないでしょうか。
    描き下ろしには峰と衛守のラブラブっぷりも。ホントこのカプ好きだわ~。
    峰の予想外のかわいさに毎回やられてしまうww

    次作は堂本兄のお話らしい。
    柏木と葵の話を読むまでは、読みづつけます。

  • ★4.3
    シリーズの中で、このお話&カプが一番好きかも!(流星〜未読;)全てがツボだった〜っ!一冊丸々この二人のお話が読みたかったー><弾正が普通の男の子なのがすごく良い。二人の関係が段々変化していく過程にきゅんきゅんしたwゆっくりと育まれていったんだなぁと。男子校・寮生活とかいう設定はやっぱり萌える(笑)というか、この二人は既刊2冊のキャラたちの先輩にあたるんですね。既刊を改めて再読したくなりました。(その前に流星〜読みます;)

  • 男子校でムダにフェロモンを垂れ流しているイケメン堂本。生徒会副会長にスカウトされた彼が条件に挙げたのは弾正が会長になること。
    それまで堂本と接点のなかった弾正はワケがわからず堂本に理由を尋ねると「前からオマエの尻が好きで・・・」とワケのわからない返答が・・・。

    ナニゲに天然肉食系の堂本がたまらんです。もう弾正はほだされたってカンジがありましたね。頭の悪い大型犬に。イケメンのくせにどっかおっとりな堂本が、それでも弾正に関してだけは慎重に距離を詰めていくカンジがまたたまらんですな。

    後ろに短編2本。堂本×弾正のその後と峰たちや楠ノ瀬たちのちょいネタです。

  • 今回も小椋ムクさんの挿絵です。

    それぞれカバーが秀逸なのですが、3作並べるとそれぞれのカップルの距離感がうまく表現されていると思いました。

    「空色スピカ」「流星シロップ」に続く、私立英明大学付属清泉学院シリーズ?3作目。

    伝説の弾正忍・生徒会長と堂本櫂・副会長。
    何故、伝説なのかといいますと・・・

    「空色スピカ」のふたりにとっては、交わらない学年。
    楠ノ瀬くん・中等部1年-弾正、堂本・高等部1年の関係。
    高科くんは、高等部から入学した外部生なので弾正・堂本とは会ったことがありません。

    「流星シロップ」のふたりにとっては、中等部でも高等部でも1年生の時の3年生。
    面識はあるけれど・・・1年生からみた3年生って、とても大人に見える。

    下級生たちにとっては、噂先行(笑)雲の上の存在のような先輩、弾正・堂本。

    はたして、そんな彼らの生徒会活動とは、いったいどういうものだったのでしょうか?

    BLだけど生徒会活動に注目してしまう私立英明大学付属清泉学院シリーズ(大笑)

    特にこの3作目は、一度、横道に逸れた清泉学院の生徒会活動を再び軌道に乗せた彼らの奮闘ぶりを応援したくなるそんな1冊に仕上がっています。

    さて本編ですが、例によって現生徒会長から次期生徒会長への「指名」から物語は始まります。始まるんですが・・・。

    通称「織田軍団」←演劇部だそうです。
    軍団を率いる清泉のトップスター、会長・織田雅也。副会長は久賀静香(男子です。演劇では女性の役を得意といているそうです)。
    そして、その、取り巻き連中多数・・・この方達がどうも普通じゃない。
    他者を寄せ付けない圧倒的なオーラを放ち、他者もこの方達には近づきたくない・・・ということで、この織田くんの代の生徒会は、独裁というか、自分たちさえよければ他はどうでもいい。
    生徒会を私物化していたようなのです。
    読み終えた今思うと、これって「清泉の黒歴史?」

    他の生徒、学院のその後のことなど何も考えていないような織田くんも一応、後任を選ぶ仕事はしたようです。
    織田くんが後任に指名したのは「堂本櫂」何故か「フェロモン番長」と呼ばれるほど無駄に牡っぽいフェロモンを垂れ流している長身で容姿にも恵まれている、清泉学院には珍しいタイプの生徒です。
    そして、その堂本くんが副会長を引き受ける代わりに会長に指名したのが「弾正忍」です。

    弾正くんにとっては、青天の霹靂というか降って沸いた災難
    そして、弾正くんにとって災難はそれだけではありませんでした。
    堂本くん、ゲイだったのですね~弾正くんに惚れていました。
    「尻に一目惚れ(ちょっと違うんですが・・・)」と面と向かって告白されてしまうわけです。

    姉ふたり、妹ひとり、に挟まれた弾正くんは、若干女子嫌い。
    硬派で賢いという感じですが、意外と世間知らずの天然キャラ?
    何事にもまじめで一所懸命、でも、なんだかんだと堂本くんにつけいる隙を与えすぎです(笑)

    小椋さんの挿絵が可愛いのと、堂本くんが弾正くんを落とすために可愛い「わんこ」のふりをしていたせいか、かわいさんが一所懸命文章で堂本→肉食系・牡っぽい・野性的を全面に打ち出していましたが、それが若干伝わりづらかったのが残念。

    ふたりの関係は、ちゃ~んとお初まで書かれていますが、私、これは、なくても良かったな~と思いました。
    (BLだからなくちゃダメなのかな?)

    あと、他の2作に比べて入浴シーンが少ないような気がしました。せっかくの温泉なのに・・・(笑)

    そして、中学生の楠ノ瀬くん、峰くん、衛守くんもちょこっと出演。可愛かったのね。あの子たち

    私的には、ふたりのラブラブより、行事のたびに一所懸命な彼らがとても良かった。
    自分は、次とのつなぎだと言いながらまじめに頑張る弾正くん、それを支える堂本くん、生徒会役員が良かったです。
    弾正くんからつながる、柏木→峰→楠ノ瀬の流れをもたらしたのは、やはり「伝説の弾正」だったのだな~と思いました

    本編「星屑シトロン」の他に・・・

    「雨降りヒアデス」 堂本視点。

    「純情バニラ」 楠ノ瀬・高科・峰・衛守(峰くんたちの・・・付き)


    さて、このシリーズ、先の2作は、1年ごとにさかのぼってきましたが、ここで1年飛ばしました。
    間に入っている、爆裂ターボ男、柏木・葵。あのふたりは、どんなだったのかな~?


    でも、次は、なんと・・・堂本櫂のお兄さんの話になるようです。
    といいつつ、もう2年ほどあくことになるのかな~いつ出るんだろう?

    堂本湊。
    湊も清泉の生徒でした(さすがに中高一貫教育の学院なので兄弟多いですね。書きませんでしたが須賀崎兄(星屑シトロン)弟(流星シロップ)はふたりとも生徒会の役員で活躍していました)。
    湊は、櫂よりもいい男だそうです。
    気になりますが・・・湊の話は、学院の外の話になるみたいですね。

    櫂が湊の部屋で見つけた天文部のファイル「雨降りヒアデス」がキーワード?

  • 山奥の半寮生男子校の生徒会シリーズ三作目。
    二作目がなかったので先に三作目から。
    他校の女子を釣るために代々見目麗しい会長・副会長を立てる生徒会の代替わりで、
    学年一のフェロモン男・堂本と、堂本に会長として指名された弾正のお話。

    だから、女子を釣るための生徒会設定じゃないのか、とか言い出してはいけないというね。

    いやはや、
    まじめにゆっくり恋をしよう、
    とまでは行かずとも、
    それに近いくらい、
    ゆったり丁寧に距離を近づけていくのが微笑ましい限りでした。

    犬の皮をかぶったケダモノに、
    どんどん隙をつかれて、
    わりとあっさりほだされていくツンデレという図には、
    一生勝てる気がしない。

    堂本フェロモン兄さんの続編も楽しみだ。
    ここいらで相手は先生というパターンだったりしないかな。

  • 3連作の中で一番好き。弾正が受々しくなく男前なのもとてもいい。

全18件中 1 - 10件を表示

かわい有美子の作品

星屑シトロン (クロスノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする