カウンセリングの条件―純粋性・受容・共感をめぐって (シリーズ「心理臨床セミナー」)

著者 :
  • 垣内出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773401394

作品紹介・あらすじ

本書は、特定の理論や技法よりもさまざまな療法に共通な要因、すなわち受容・支持・脱感作・洞察・強化など、また、治療者自身の要因、すなわちそのありようの方が重要なようだとされるその治療者のありようにかかわり、カウンセリングや心理療法と言えば受容、共感、一般に、受容せよ、共感せよと言われるその原典であるとされるロジャーズの論文「治療的人格変化の必要十分条件」を読み直してみます。

著者プロフィール

新潟県生まれ。1978年、東京大学文学部卒業。
1985年、東京大学大学院教育学研究科第1種博士課程中退。
東京都立大学助手、専修大学講師・助教授を経て、1998年から文教大学人間科学部助教授。現在、文教大学人間科学部教授。
著書・共著書に『カウンセリングの条件』〔日本評論社, 2007年〕、『カウンセリングのエチュード』〔遠見書房, 2010年〕、『傾聴の心理学』〔創元社, 2017年〕ほか多数。

「2019年 『公認心理師 実践ガイダンス 4.心の健康教育』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡村達也の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×