ブルガーコフ戯曲集〈1〉ゾーヤ・ペーリツのアパート 赤紫の島 (日露演劇会議叢書)

制作 : 村田 真一  秋月 準也  大森 雅子 
  • 東洋書店新社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773420265

作品紹介・あらすじ

第9回小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞!(「ゾーヤ・ペーリツのアパート」)過酷なスターリン体制化で権力に屈することなく書き続けたロシア演劇界の鬼才ブルガーコフ(1891〜1940)。医師にして小説家・劇作家だった彼の風刺と諧謔に満ちた傑作戯曲集第一弾!欲望渦巻く狂騒の世界を鮮やかに描いた『ゾーヤ・ペーリツのアパート』、検閲と革命への批判精神をにじませた『赤紫の島』の二作品と詳細な訳者解題を収録。

プロフィール

1891年、キエフで生まれる。ロシア革命の動乱のなか、モスクワで文学活動を開始。1925年、長篇『白衛軍』を雑誌発表、短篇集『悪魔物語』を刊行するが、反革命的との批判を受け、戯曲も当局による上演中止が相次ぐ。失意の中、発表の当てのないまま 『巨匠とマルガリータ』『劇場』等の作品を書き続け、1940年死去。1966年に遺稿『巨匠とマルガリータ』が初の活字化、各国語に翻訳されて劇的な復活を遂げる。

ミハイル・ブルガーコフの作品

ブルガーコフ戯曲集〈1〉ゾーヤ・ペーリツのアパート 赤紫の島 (日露演劇会議叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする