未来の科学教育

著者 :
  • 仮説社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773502220

作品紹介・あらすじ

仮説実験授業の提唱者が仮説実験授業について最初に書いた本の新版。この感動的な授業がこの本のとおりにやれば誰にでもできる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 科学教育のあるべき姿、教師の姿勢が書かれた本だと思います。《ものとその重さ》という実際の授業の進め方を例に書かれています。読みながら、自分の科学観が変わり確立されていくような気がします。この授業を実践して、児童生徒とともに科学を会得したいと思わせてくれます。
    (以下、引用)科学というものは元来日々の消費生活に役立てるために教えるものではないのです。科学はそれ以上のものなのです。確かな自然観・世界観を育て、未知の世界を切り開き、生産を高めるためのものなのです。

  • これを読んだあとに、「ああ、将来私は、子どもたちにこんなにも沢山のことを教えることができるのか」と嬉しい気持ちになりました。
    そして、早く教壇に立ちたい、という思いが一層強くなっていきました。

    教科書として用意された本は沢山ありましたが、この本だけは何度も何度も読み返しています。
    自分の夢に対する気持ちが弱くなったり、忘れそうになったときに読む本です。

  • 大学の授業のテキストとして配本された本書。
    しかし、単位修得と関係なく、純粋に読み物としてとてもおもしろい。

    昭和41年に発行された本の新版なのだけれども、
    今読んでも、本書の内容は新鮮さにあふれている。
    40年以上前に「未来」として書かれた本書の教育が、
    今もなお「未来」のものだと感じざるをえないのはサミシイけれど…。

    しかし、本書の内容が、それだけ“目的地”を示すものであり、
    これからも、そこまでの道しるべであると考えると、
    本書は教育の根底をなす“古典”であるともいえる。

    「事実をもとにして考えさせる」から、
    「自分の予想・考えをもって事実をみる」への、考え方の転換。
    その具体的な事例がもりだくさんの良書です。

  • 仮説実験授業を初めて学習してみたいという人にお薦めの本です。2010年新版になりました。
    私も1980年にお世話になった本です。未だに「未来の科学教育」の話に感じてしまうので,今までの40年間はなんだったんだと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

●板倉聖宣
1930年 東京下谷(現・台東区東上野)に生まれる。10人兄弟の7番目(四男)。家は医療器械製造業を営む。小学生のころ「小学生全集」の『算術の話』と『児童物理化学物語』を読み,感動する。以後,子ども向きの科学読み物に愛着を持つ。
1951年 学生時代に自然弁証法研究会を組織。機関誌『科学と方法』を創刊。
1958年 物理学の歴史の研究によって理学博士となる。
1959年 国立教育研究所(現・国立教育政策研究所)に勤務。
1963年 仮説実験授業を提唱。以来,科学教育に関する研究を多数発表。教育の改革に取り組む。また,『発明発見物語全集』『少年少女科学名著全集』(いずれも国土社)を執筆・編集し,科学読み物の研究を続ける。
1973年 教育雑誌『ひと』(太郎次郎社)を遠山啓らと創刊。
1983年 教育雑誌『たのしい授業』(仮説社)を創刊。編集代表。
1995年 国立教育研究所を定年退職。私立板倉研究室を設立。同時にサイエンスシアター運動を提唱・実施。
2013年 日本科学史学会会長に就任。

未来の科学教育のその他の作品

板倉聖宣の作品

ツイートする