海のミクロ生物図鑑: チリメンモンスターの中に広がる世界

  • 仮説社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773502992

作品紹介・あらすじ

外からは見えない海の中には、たくさんの生き物がすんでいます。魚はもちろんですが、魚以外にも、イカやタコ、そしてカニやエビなどの甲殻類もいっぱいすんでいます。大きいものから目に見えないくらい小さいものまで。

 そんな生きもののなかには、生まれてしばらくは小さい体で海の中を漂っていたりします。そして、チリメンジャコ漁でカタクチイワシと一緒に網にかかるものがたくさんいます。なかには、モンスターと言いたくなるような奇妙な形をした生きものもいっぱい見つかります。

 本書は、そんな、海の中を漂っているミクロな生きものの図鑑です。
 この図鑑を広げて、チリメンジャコと一緒に網にかかった生きもの、チリメンモンスターの中に広がる世界を存分にお楽しみください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 作った方は元歯科医

    さすがの緻密さ

    写真とイラストが両方のってて

    なんで と思ったんですが

    写真よりイラストで 特徴をとらえてあって

    これがまた 素晴らしく分かりやすいです

    エビ系の幼生は

    ちょっと虫さんに似ていて

    ぞわっとするのも

    ありましたが

    昆虫との類似も感じて

    それはそれで面白い

  •  これは面白い本である。
     商売人が「ちりめんじゃこ」を捕獲するときに,その鰯の稚魚たち(ちりめんじゃこ)と一緒に網に入ってきてしまう海の小さな生き物たちを事細かに観察するための本である。商売人にとっては邪魔者の小さな生物たちが,この本の主役なのである。
     この小さな生き物たちのことを,愛好家はチリメンモンスターと呼んで,教材にしているのだ。生物多様性の…である。そして,それに合わせるように,チリメンモンスターを販売するところも出てきた。うれしい限りである。そしてそして,わたしも,小学校6年生と一緒に,チリメンを使って分けて遊んだこともあるのだ。サークルでもやったし…。
     今回,このような絵と写真と説明入りのめっちゃ詳しい本が出来たおかげで,珍しいモンスターを見つけるだけの行為(これはこれで楽しいのだが)が,本格的な学問への入門となり得るのではないかと思えてきた。
     本書に出てくるチリメンモンスターたちは,まだ幼い体であり,しかも生の姿ではないので,生き物の同定が難しいのである。そこで,その道の専門家が何人も登場して,まじめに生き物の同定と説明をしてくれているのだ。
     「はじめに」に,西田百代さんは「海洋生物の各分野の高名な専門家の指導のおかげで,内容の濃い図鑑に仕上がったと思います」と謝辞を書かれている。
     いやー,見ているだけでも楽しいし,モンスターを探してみたくなる。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
伊坂 幸太郎
今村夏子
ヴィクトール・E...
凪良 ゆう
村田 沙耶香
恩田 陸
宇佐見りん
宮下奈都
恩田 陸
ショーン・タン
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×