来て見てシリア

著者 :
  • 凱風社
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773622089

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者が長くホームステイしたのはキリスト教徒宅であり、イスラム・アレルギーなども経験し、苦労も山ほどしながら、まるごとシリアを味わい学んだ様子が楽しく語られている・・・それだけに、現在のシリアのこの悲惨な様子に、言葉もない。

  • 素晴らしい本。湾岸戦争前後のシリアの人々の様子が良くわかる。まるで政府など存在していなかのように扱われている今のシリアだが、アサド政権の存続こそが唯一国として生き残る道なのだと思わずにはいられない。シリアがなくなってゴラン高原が永久にイスラエルになるなんて絶対許されないのだから。

  • シリアに行くにあたって、シリアがどんなとこか知りたくて読んでみた本。
    情報がだいぶ古く、しかも何か文章がかたくていまひとつ。
    でもここに書かれているシリア人のあったかいところは、今でも変わってませんでした。

  • パラパラっと。いつか行きたい。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする