ヌサトゥンガラ島々紀行―バリ発チモール行き

著者 : 瀬川正仁
  • 凱風社 (2005年12月1日発売)
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773630046

作品紹介・あらすじ

コモドドラゴン、フローレス原人、奇祭パッソーラ、ララントゥカの復活祭、銛でクジラ獲り…。ウォーレシアにいにしえのアジアを模索する。

ヌサトゥンガラ島々紀行―バリ発チモール行きの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イスラム化を逃れたバリだが、19世紀末、再びアイデンティティ喪失の危機を迎える。植民地主義が吹き荒れる中、オランダからの侵略をうけた。
    どんな宗教だって、神を信じることに変わりはないさ。
    わいろのない社会を創りたいのが夢だそうだ。

  • また行こう。

全2件中 1 - 2件を表示

瀬川正仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ヌサトゥンガラ島々紀行―バリ発チモール行きはこんな本です

ツイートする