• Amazon.co.jp ・本 (550ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773635041

作品紹介・あらすじ

日中韓で歴史認識の共有は可能か。反日・嫌中・嫌韓は乗り越えられるか。アジア現代史と深く関連する米国の政策と行動。パワーをめぐる主導権争いと排他的ナショナリズムが歴史問題と連動するとき、国際関係は不安定化する。

著者プロフィール

菅 英輝(京都外国語大学客員教授)

「2018年 『グローバル・ガバナンス学Ⅰ 理論・歴史・規範』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菅英輝の作品

東アジアの歴史摩擦と和解可能性――冷戦後の国際秩序と歴史認識をめぐる諸問題を本棚に登録しているひと

ツイートする