娘と話すアウシュヴィッツってなに?

制作 : Annette Wieviorka  山本 規雄 
  • 現代企画室
3.93
  • (4)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773804058

作品紹介・あらすじ

世界史の大きな闇「アウシュヴィッツ」。そこでは本当は何があったの?なぜそんなことが起きたの?子どもの素朴な問いに、父親が真摯に答える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 専門書よりは分かりやすいと思います。
    WW2時のドイツの対ユダヤ人政策について一応理解は深められたはず。
    日本がユダヤ人に対して寛容だった、っていうのは初めて知りました。意外。

  • 表紙がPOPなんだが、よく見ると、つらい絵になっている。

    中身は実にわかりやすいアウシュヴィッツ(殺戮、ジェノサイド、ホロコースト)概説。

    フランスから見たアウシュヴィッツ。

  • 母と娘の会話形式だからアウシュビッツの基本的な事が理解しやすいです。そして読みやすかった。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする