子どもと話す 文学ってなに?

著者 :
  • 現代企画室
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773808117

作品紹介・あらすじ

旅先で出会った少年と男が、文学をめぐり討論する。ことばに光を当てるということ、ものがたること、書くことと読むことのたのしみ。あらためて、文学とは何だろう?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 創作とは遠い海に一人孤独な航海に出る事だと語っている。そんな気もする。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1954年京都市生まれ。大学院修了後、出版社勤務をへて、海外をふくむ各地で日本語の教育と関連の研究にたずさわる。著書に長篇『空の瞳』、対話的文芸論『子どもと話す 文学ってなに?』(現代企画室)がある。

蜷川泰司の作品

ツイートする