ロリータ・クラブでラヴソング (セルバンテス賞コレクション 8)

  • 現代企画室
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773812053

作品紹介・あらすじ

麻薬・テロ対策で職権乱用で謹慎処分を受けた警察官の兄。娼婦に無垢な愛を捧げる、知的障害をもつ弟。帰郷した兄は、必死に、かつ暴力的に、弟を娼婦から引きはがそうとするが———

テロ・移民・暴力を必然的に生み出す社会構造、売春・性・麻薬・カネをめぐって渦巻く欲望。

その中を生き抜く人びとは愛に飢え、底知れぬ寂寥感を抱え込んでいる。

スペイン現代文学のフロントランナーが描く「現代人の疎外」状況!

セルバンテス賞コレクション第8作。



〈セルバンテス賞コレクション〉

スペイン文化省は1976年に、スペイン語圏で刊行される文学作品を対象とした文学賞を設置した。名称は、『ドン・キホーテ』の作家に因んで、セルバンテス賞と名づけられた。以後、イベリア半島とラテンアメリカの優れた表現者に対して、この賞が授与されている。このシリーズは、セルバンテス賞受賞作家による、スペイン語圏の傑作文学を紹介するものである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表紙は甘い砂糖菓子のような感じよね。中身は骨付き肉のローストって感じかしら。かなーりハードボイルドよ。双子の兄は休職中の刑事。弟は知的障害者でローラって言うママがやっている売春宿に入り浸っている。恋人がいると言う。兄激怒。乗り込んでつれ戻そうとする。家族含め弟も宿屋の人間も何が悪いのかわからない。兄は弟が騙されていると思う。兄以外の人間は兄がオカシイと思う。そんな中嫌な事件が起こり、それぞれの人間が現実をまざまざと見せつけられるのだが。作者は三島由紀夫の金閣寺をスペイン語に訳してるそうだよ。

  • 2012年内一番作かも。
    なのにこのタイトル。。。でもそうか、直訳なんだよね。
    ロリータはまったく出てこない、それどころか出てくる女性たちは人生を半ばあきらめてる娼婦たち。

    純粋な愛と、自他共に傷つけてしまう男と、そんな男に結局ひかれてしまう女と。
    やるせない、悲しい、美しい。
    映画化されたみたい、そう、すごくビジュアルが浮かぶ、しかもスペイン人作家なのにフランス映画チックな。

    筆者72歳のときの作品だって!
    心はいつまでも自由だなぁ。
    セルバンテス賞を追いかけるか、この作家の他の作品を読むか。

  • 読まへんな〜

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1933年生。内戦終結後のフランコ独裁体制下で幼少期を過ごし、1950年代から頭角を現した「世紀半ば」世代の代表的作家。第一作『遊具ひとつで引き籠もり』(1960年)が新人作家の登竜門であるビブリオテカ・ブレベ賞の次点となって注目される。以後、『テレサとの最後の午後』(1965年、ビブリオテカ・ブレベ賞)、『恋に落ちたら−青春の日々』(1973年、メキシコの国際小説賞)、『金色の下着をはいた女』(1978年、プラネタ賞)、『ギナルドー大通り』(1984年、バルセローナ市賞)、『魅惑の上海』(1993年、クリティカ賞およびヨーロッパ文学賞)、『ヤモリの尻尾』(2000年、クリティカ賞およびスペイン小説賞)など、次々と作品を発表して不動の地位を築く。大都会へ変貌してゆくバルセローナを舞台にすえて、事実を交えた独自のスタイルで鋭くかつ生々しく描く手法は、スペインの社会が抱える問題と現代人の愛の乾きを見事に暴き出している。2008年にセルバンテス賞を受賞。『ロリータ・クラブでラヴソング』(2005年)はセルバンテス受賞前の作品で、12作目に当たる。2011年にも『夢の筆跡』を発表するなど、まだまだ筆は衰えていない。

「2012年 『ロリータ・クラブでラヴソング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稲本健二の作品

ロリータ・クラブでラヴソング (セルバンテス賞コレクション 8)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×