カヘルの王

制作 : Tierno Mon´enembo  石上 健二 
  • 現代企画室
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773813050

作品紹介・あらすじ

19世紀後半、
アフリカ中西部に自らの王国をつくる妄想を抱き、
商館の建設や鉄道敷設権の獲得に賭けた
一フランス人の破天荒な生涯を描いた、
アフリカ・ギニアの作家の力作。
2008年 ルノド賞受賞

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アフリカ中西部に王国をつくる、という妄想を抱いたフランス人の生涯を描いた物語。翻訳文に馴染めず読むのに苦労した。

  • 妄想譚かなぁ~

    現代企画室のPR
    「19世紀後半、アフリカ中西部に自らの王国をつくる妄想を抱き、商館の建設や鉄道敷設権の獲得に賭けた一フランス人の破天荒な生涯を描いた、アフリカ・ギニアの作家の力作。
    2008年 ルノド賞受賞 」

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1947 年、ギニアのポレダカに生まれる。ギニアは、他のフランス領植民地に先駆けて1958 年に独立したが、独立当初から就任したセク・トゥレ大統領の独裁支配を嫌って、1969 年に亡命した。その後、象牙海岸(コート・ジボワール)やセネガルで暮らしながら、創作活動を始めた。彼の創作活動を支える根底には、「アフリカの植民地主義に関する西洋との論争は五年も続けば十分だったのではないか。不幸にも、私たちは常にそこにいる。歴史がないと言われていたアジアは、いまはその種の論争はなく、歴史の流れを取り戻したが、アフリカはそうではない」という問題意識がある。ヨーロッパによって書かれてきた歴史を、自らの手で再構築することを志しながら、多岐にわたる創作活動を続けてきているが、現在は、フランスとギニアを行き来する生活をしている。主な作品には、以下のものがある。
1979 Les Crapauds-brousse『原野の蛙たち』
1986 Les Écailles du ciel『空の鱗』( 黒人アフリカ大賞、サンゴール賞受賞)
1991 Un rêve utile『役立つ夢』
1993 Un attiéké pour Elgass『エルガスにアッチエケを』
1997 Cinéma『映画』
2000 L’ Aîné des orphelins『みなしごたちの長男』(熱帯賞受賞)
2004 Peuls『プル族』[ 本書]
2006 La tribu des gonzesses『女たちの種族』
2008 Le Roi de Kahel『カヘルの王』(ルノド賞受賞)[ 現代企画室より既刊]
2012 Le terroriste noir『黒いテロリスト』

チエルノ・モネネムボの作品

ツイートする