トペラトト: おもいでをたべるオバケのはなし

  • 現代企画室
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773815030

作品紹介・あらすじ

「トペラトト」は、新潟県十日町市の山間、すり鉢状の地形の「鉢」という集落にある「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」に棲んでいます。子どもが少なくなった集落の小学校は廃校になりましたが、世界最大規模の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」でアーティスト田島征三による「空間絵本」として再生しました。そこに長年棲んでいたのが学校オバケの「トペラトト」。食いしん坊のトペラトトは「思い出」が大好物。学校がにぎやかだったころは子どもたちの思い出を食べていました。学校が美術館になった今は、訪れる人の思い出をこっそり食べています。2015年夏、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」開催! 本書は、実際に会いに行けるオバケのトペラトトのおはなし。おおたかしずるのオノマトペによる「トペラップ」も収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • >絵本作家・田島征三と歌手・おおたかしずるのコラボレーションによる絵本が誕生。
    越後妻有大地の芸術祭《鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館》から生まれた、人間の思い出を食べるおばけトペラトトの物語。

    おばけといってもかわいい感じの絵なので小さい子でも怖くないかな。
    色々な人の思い出を食べるトペラトト、それぞれきっと味が違うんでしょうね。

    赤ちゃんにはまだ思い出がない(これから作っていく)というのはなるほどと思いました。


    >おもいではず~っときえない

    楽しいことばかりではないだろうけれど・・・これからも素敵な思い出がたくさん作れたらいいなと思いました。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1940年、大阪府に生まれ、高知県で幼少期を過ごす。伊豆半島に住み、絵本を作りながら、新潟県十日町市に「絵本と木の実の美術館」を、香川県大島に「青空水族館」をプロデュース。『ちからたろう』(ポプラ社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金のりんご賞、『ふきまんぶく』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞、 『とべバッタ』(偕成社)で絵本にっぽん賞・小学館絵画賞など、受賞多数。ほか、絵本に『くさむら』(偕成社)『ガオ』(福音館書店)、兄・田島征彦との共作絵本に『ふたりはふたご』(くもん出版)、エッセイ集に『絵の中のぼくの村』(くもん出版)などがある。

田島征三の作品

ツイートする