作品紹介・あらすじ

〈主体性の批判、あるいは脱構築〉に向けて編まれた複数の著者による論考群。「戦後50年」の日本の現在と本テクストを架橋する港道隆氏の解説を付す。

ジャン・リュックナンシーの作品

ツイートする
×