標準Visual C++プログラミングブック (New Languageシリーズ)

著者 :
  • 技術評論社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774111049

作品紹介・あらすじ

本書はプログラムについて何も知らない人でもこの一冊でVisual C++を用いてプログラムの作り方をマスターできるようにするためのテキストです。そのため必要なことに内容を絞り込み、段階を追って学習できるようにしました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • VC++の「配列」や「構造体」などのC++基本構文から始まって「クラス」「印刷」「MFC」や「ウィンドウクラス」などが出てきます。
    「C/C++言語の基本からC++の特徴である「ウィンドウ」まで広く浅くでもC++ウィンドウアプリの1つ2つはプログラムできるようになりますよ」ってな内容です。

    また、「構造体」や「クラス」などポイント事項は「KeyWord」としてちょこっとページにまとめてあるので、見やすいし何しろプログラムの例題が他の入門書に比べると多いような感じがします。
    また、その例題や確認問題が(個人的に)やる気を削がないうまい作りで、ほとんどが虫食い算みたいに一部が抜けている形になっています。
    「このような動作にするにはここにどんな一文をかけばよいか?」という問題になっているので、まっさらなところから書くことはないけど、解くためには文を全て読んで動きを理解しないと解けないわけです。
    つまり最初からすべて書く力は必要ないけど、確実にコードを読むので、プログラムの動き等が自分でつかめるようになります。
    (あくまで個人的に思うことですが。。。)

全2件中 1 - 2件を表示

河西朝雄の作品

標準Visual C++プログラミングブック (New Languageシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする