はじめてのPHP 言語プログラミング入門

著者 :
  • 技術評論社
3.55
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774122861

作品紹介・あらすじ

PHPはWebアプリケーション開発言語として広く使われていますが、その実力はWebだけに限られているわけではありません。本書はプログラミング言語としてのPHPを解説することに重点を置いた入門書です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  PHPに触れるのははじめてではないのだが、この本を手に取ってみた。PHPと言うと、言語というよりもWeb、DBアプリケーションをお手軽に作る環境というイメージが強い。しかし、この本はPHPを言語からアプローチしている。僕は、品質のよいプログラムを作るためには、それがスクリプト言語であったとしても、きちんと言語として理解する事が必須だと思う。最近、益々PHPと言う環境が、Webアプリケーションでよく使われるようになってきているので、この辺りで言語としてきちんと理解する必要があるのではないかと思ってこの本を手にした。
     実際に読んでみた感想としては、PHP言語の解説というものは新鮮な印象があった。言語の説明が終わった当たりから、Webアプリケーションの解説となっていたが、言語から学んでおくと理解がスムーズになる。また、この本ではPHP環境の設定について、結構触れられている。PHPはphp.iniと言う設定ファイルによって、かなり挙動が変わるようなので、この辺りをきちんと理解しておくことトラブルなどの対処には有効だと思われる。

  • PHPの概要や基本文法、プログラム構造を解説した良著。実践的なコードはあまりなく、言語の解説に特化しているが、こういう本があまりないんだよね。

  • 序盤から説明も無しに専門用語が使われるなど、「はじめて」では難しい内容ではあるが、純粋にプログラム言語としてのPHPを解説した本としてはいい出来。セキュリティに関する配慮も細かく、対応するphp.iniの設定なども参考になる。

  • さわりしか勉強できず残念。
    もうちょっと深く掘り込んだ内容を期待していたのでちょっとがっかりでした。
    教科書としては良書だと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

大垣靖男の作品

ツイートする