「分解!」 日用品・自転車を分解してみると! (分解!-壊せば道理が見えてくる-)

著者 :
  • 技術評論社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774123462

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2

  • 『分解! 日用品・自転車を分解してみると!』(技術評論社)は名著だと思う。
    内容はもちろん分解だ。

    こんなものを分解する。
    ・玄関ドアロック
    ・アルカリイオン浄水器
    ・トイレ給水槽
    ・消化器
    ・体重計
    ・目覚まし時計
    ・電動歯ブラシ
    ・電子体温計
    ・自転車

    なかでも圧巻なのは自転車の分解で、本書126ページ中、何と56ページが自転車、それもママチャリの分解に当てられている。著者曰く。

    以下引用
    「本書の冒頭で説明したように、分解とは元に戻すことなど考えずに、とにかくバラバラにすることです。その考えに沿ってここまでいろいろなものを分解してきました。そのほとんどは、どこかしらを破壊するなどして修復不能の状態です。 しかし本書で分解する自転車は、これまでの日用品とはちょっとちがいます。というのも、自転車は、パーツを何一つ破壊することなく完全にバラバラにできる珍しい日用品なのです。またそのパーツの多さは分解の醍醐味を存分に堪能できます。 さらに分解した後はプラモデル感覚でもう一度元どおりに組み立てることができます。」(『分解!』p72より) 引用終わり

    とにかく取り憑かれたように徹底的に分解する。ペダルを取り付けるクランク、サドルまで分解。自転車のしくみがよく分かるので、結構役に立つ。決して捨てられない本のひとつだ。
    2005年6月に発行された本だが、残念ながら、今は品切れらしい。購入は古本で。

  • 小さい頃は分解すきだったけど、戻せないから思い切れないやー。

全3件中 1 - 3件を表示

堀内篤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「分解!」 日用品・自転車を分解してみると! (分解!-壊せば道理が見えてくる-)はこんな本です

ツイートする