会議でヒーローになれる人、 バカに見られる人

著者 :
  • 技術評論社
3.08
  • (1)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774125657

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ある意味これは真実なのかもしれないが、こんなくだらない会議につきあいたくはない。著者の観察眼は感心した。でも、流れに従っているのはできない人なんだと思う。自己啓発というよりは現実を茶化した自己卑下の本。
    まともに受け取ると働くのがたのしくなくなる。

  • 2009/12/20開始
    2009/12/26読了

  • 200606

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1963年神戸市生まれ。1986年神戸大学経営学部卒業。2003年株式会社リクルート卒業。
リクルート在職中、IT業界の営業スタイルを研究するうちに「一方的なプレゼンテーションばかりのプロモーション・セミナーより、本音でディスカッションするセミナーのほうが効果的ではないか?」と発想し、ディスカッション形式セミナー「ナレッジワークショップ」を開発。自らファシリテーターとしてディスカッションを仕切りながら商談の切り口を見つけるという、斬新な発想のビジネスモデルで2003年株式会社ナレッジサインを設立。ファシリテーションを本格的に取り入れたビジネスモデルとして注目を浴び、IT業界に新しい営業・マーケティングスタイルを定着させることに成功。現在では、IT業界を中心にファシリテーション技術の教育・研修も手がける。
著書に『会議でヒーローになれる人、バカに見られる人』(技術評論社)、『「人見知り」は案外うまくいく』(技術評論社)、『大喜利式発想脳トレーニング』(こう書房)がある。

会議でヒーローになれる人、 バカに見られる人のその他の作品

吉岡英幸の作品

ツイートする