金子流 ITエンジニアのための勉強の法則

著者 :
  • 技術評論社
3.00
  • (1)
  • (4)
  • (23)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 82
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774126647

作品紹介・あらすじ

会計、情報処理など15の国家資格を持ち、実務でプログラミング、システム監査から会社清算までこなした勉強の達人が、挫折知らずの勉強の仕方を徹底指南!著者は高校で留年しながら、その数年後に公認会計士試験に合格。挫折から立ち直ったエピソードや勉強のためのメンタルトレーニング法は、ITエンジニアにとっても役に立つ!会社が教えてくれるのはIT技術やビジネスマナーばかり。エンジニアがどうやって勉強していけばいいのか、そこは教えてくれない。IT業界の新入社員にもおすすめ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の中に「自己」と「識者」を持つ。

    やる気がでない時、やる気を出そうとするのではなく以下のように取り組む。
    ・「自己」はやる気が出ないままにしておく
    ・「識者」はやる気の無い「自己」をいなし、行動に移す

    印象に残ったのは上記のあたり。

  • ここまで細かく書かれたモノは初めてでした。
    十分参考になりました。後は行動を起こすだけです。

  • 勉強に対する考え方、行動の仕方が具体的で参考になった。

  • IT系じゃなくても参考になります。

  • 「広く浅い知識の上に、ある分野だけ突出して深い部分を作るのが現実的な目標・・・専門性を伸ばすときの不安感を撃退するには、協業(コラボレーション)の^確保をすること・・・専門性を向上させるには、同時に協業化のための仕掛けが必要」

  • 大川さん所有
    →10/04/24 竹谷レンタル
    →11/1229 返却

  • 別にITエンジニアのため、と限定しなくても
    いいのではないかと思う内容でした。
    テーマとしては
    ・いかにしてやる気を出すか
    ・やる気が落ちたときにどうするか
    が中心のようです。
    タイトルにもあるように「~の法則」なんで。
    別に効率よい「方法」を具体的に教えてくれる訳ではありません。
    こういう本を読んだときはやる気がでるんですけどね。笑

  • 仕事をするようになると、試験勉強の時間もとれず、モチベーションを維持するのも結構大変である。
    そんな中、勉強のためのモチベーションを重点的に意識した本である。
    試験対策やノート術などのテクニック的なことは書いていない。
    一歩間違えると精神論にとれてしまう。が、信じるものは救われると考え、ポジティブ思考で試験勉強を乗り切りたい。
    本としては特段面白い訳でもないが、心理的に役立つ部分もあるので評価としては★3つ。

    なお、私は以前、著者の試験対策セミナーを受講したことがあり、無事合格したこともあり、本書を購入している。

  • モチベーションに「てこ入れ」できる。

  • ITエンジニアの為というわけではないなあと思える勉強方法でした。

    勉強を始める前に読むと、学習そのものを継続させやすく出来る良書です!

全14件中 1 - 10件を表示

金子則彦の作品

ツイートする