[システム開発] 火事場プロジェクトの法則 ~どうすればデスマーチをなくせるか?

著者 :
  • 技術評論社
3.21
  • (3)
  • (4)
  • (14)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :95
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774128818

作品紹介・あらすじ

どうすれば予兆に気づけるのか?自分にできることは何か?トラブルが起きるのを防ぐには?技術力では解決しない問題の「なぜ」を斬る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第一部
    職場・個人がデスマーチになっていないか自己診断
    これは se に特化したチェックリストだと思う
    第2部
    デスマーチを切る では se の仕事に 例を取りつつも
    人間関係と成長過程のドキュメントである
    自省 影響 成長 成熟がよくわかる
    人間として 参考になる

  • 普遍的な対策など知識につながるかどうかは不明であるが、読み物としては面白い。
    システム開発と人間の問題は奥が深く尽きないことを再認識した。

    2回目

  • まともに機能する職場にはこんな要素があるべきだよね、という本。
    後半は著者の苦労話自慢。

    プロジェクトがつらいとき、この本を見て、今の現場はここが悪いんだ、だからだめなんだ、俺が悪いんじゃないんだ、そうなんだ、ぁぁぁぁ。。。と思うにはよいかもしれない。
    そうなる前に手を打っておきましょう。

  • 前半はデスマーチの分析に基づいたプロジェクトの法則を説き、後半は筆者の体験談を描きつつ前半部の分析にいたった経緯を書いた本。
    前半も普通に役に立つと思いますが(非常に耳が痛い話もあり、グサグサきます…)、後半は大きなプロジェクトに翻弄され会社を辞めたけど、最終的にはみんながハッピーになることが自分の幸せにつながるということに気づく、という流れが情緒たっぷりに描かれていて特に面白かったです。

  • 火を消す関係で頂いた本。後半は、ほとんど著者の独立日記でした。そんなに目新しい内容は無かったが、「金持ち父さん」は一回読んでみようかなと思った。

  • 初版の日付をみると、想像以上に早い時期に書かれていて驚きました。

    前半はどうすればデスマーチに陥らないか、デスマーチを避けるためにはどうすればよいのかといったアプローチを様々に提案しています。

    注意しなければならないのは、デスマーチを避けるにはどうすればいいのかという話であって、デスマーチをどのように終わらせるかという話ではないという点です。

    デスマーチに陥ってしまったら、人もモノも金も早めに大量投下するのが、早期に収束される方策だと思います。


    後半は著者のデスマーチ回顧録というか体験談というかw
    なかなか物騒な内容なので、読み始める前には気を溜めた方がよいでしょう。
    内容自体はとても面白く、うっかりニヤリとしてしまうところも多いです。

  • こわいよーほんとうはよみたくないよー

  • いわゆる「デスマーチ」はどうして起こるのか、という話。決してどうやったらデスマーチを終わらせることができるか、では無いのがミソ。初期消火が大切ですね。

  • なんとも、軟弱な本。ここまでの有害図書はあまりありません。絶対に読むべきではありません。早く絶版になることを望む。

全9件中 1 - 9件を表示

山崎敏の作品

[システム開発] 火事場プロジェクトの法則 ~どうすればデスマーチをなくせるか?はこんな本です

ツイートする