ピタゴラスの定理でわかる相対性理論 時空の謎を解く双曲幾何

  • 技術評論社
3.82
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774129037

作品紹介・あらすじ

誰もが知るピタゴラスの定理。これを掘り下げていくと、幾何学の凄さがわかると同時に、相対性理論までたどり着ける。そこには、ピタゴラスからアンシュタインまで、2400年間にわたる叡智の物語がある。双曲幾何と時空のもつ神秘のベールをはぎ、不思議な関係がいま明らかになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [ 内容 ]
    誰もが知るピタゴラスの定理。
    これを掘り下げていくと、幾何学の凄さがわかると同時に、相対性理論までたどり着ける。
    そこには、ピタゴラスからアンシュタインまで、2400年間にわたる叡智の物語がある。
    双曲幾何と時空のもつ神秘のベールをはぎ、不思議な関係がいま明らかになる。

    [ 目次 ]
    第1章 事始めピタゴラスの定理
    第2章 ユークリッドの公理を見直してみよう
    第3章 球面上の直角三角形ではどうなる
    第4章 双曲幾何に向けて
    第5章 複素平面の幾何から見直してみると
    第6章 永久問題:予想外の解決―ピタゴラスの定理はどうなる?
    第7章 時空に潜む双曲幾何―相対性理論とピタゴラスの定理
    第8章 ピタゴラスの教義から科学精神へ―ユークリッドの第5公準の呪縛
    第9章 新しい幾何モデルからアインシュタインへ―第5公準の呪縛からの解放

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

◆見城 尚志(ケンジョウ タカシ)1940 静岡市に生まれる1964 東北大学工学部修士課程(電子工学)修了、TEAC に入社1965 職業訓練大学校専任講師1971 モータの一般理論で工学博士(東北大学)、1981 職業訓練大学校教授1981-1990 (日本能率協会)小形モータ技術シンポジウム企画委員長2005 日本電産株式会社 モーター基礎研究所 所長2006 同名誉所長を経てTechnical Adviserとして現在に至る。主な著書 Stepping Motors and their Microprocessor Controls, Oxford University Press,1984(共著)Permanent-magnet and Brushless DC motors, 同, 1985Electric Motors and their Controls,同,1991

「2020年 『メカトロニクスのモーター技術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

見城尚志の作品

ツイートする
×