プログラマの完全常識 開発者が知っておくべきプロの知恵

著者 :
  • 技術評論社
3.35
  • (1)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774129853

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フォトリーディングNo.46

    目的:怪しい分野を再確認する

    トリガーワード:コンピュータ、CPU、レジスタ、メモリ、アドレス、I/O、ディスク、ビット、文字コード、OS、アセンブラ、オペランド、オペコード、分岐、C、ポインタ、Java、コンパイラ、インタプリタ、アルゴリズム、ループ、バブルソート、線形探索、二分探索、再帰、ツリー、スタック、キュー、DBMS、ASCII、SQL、ODBC、トランザクション、CSV、XML、OSI、TCP/IP、MAC、IP、圧縮、暗号、設計、テスト

    質問:①ASCIIコードでおさえておくべきことは?
    ②アセンブラ言語の重要ポイントは?
    ③主要アルゴリズムとその特徴は?

    ~20120612ポストレビューここまで~
    ~20120613アクティベーションここから~

    質問に対するまとめ:
    ①7ビットで1文字。2桁の16進数で表記。ASCII以降の文字コード体型の多くは英数字の割り当てがASCIIと同一。09:タブ、0A:改行。
    ②ハードを操作する、記述量多。専用プログラムでマシン語に変換。無駄なく高速。ラベル→行識別、オペコード→命令、オペランド→動作対象
    ③バブルソート(基本交換法):N番目から隣同士を比較、入換。先頭から確定。
    線形探索:目的の値を先頭から1つずつ比較。末尾に晩白を置くと、終了条件との比較を短縮。
    二分探索:中央の要素と比較。ソート必須。

    雑感:【要アクティベーション後追記】

  • 図書館で借りてきたー。
    いい塩梅に基本がまとまってて、飽きずに読み進められるよん。
    以前、借りた「ソフトウェアエンジニアリングの授業」より、こっちのが断然良いですー。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1961年生まれ。プログラマとしてパッケージソフトの開発をする一方、初心者向け講義を積極的に行う。著書に『プログラムはなぜ動くのか』 『コンピュータはなぜ動くのか』(日経BP社)など。

矢沢久雄の作品

プログラマの完全常識 開発者が知っておくべきプロの知恵を本棚に登録しているひと

ツイートする