Web標準テキスト(3) HTML/XHTML (Web標準テキストシリーズ)

著者 :
  • 技術評論社
4.33
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774133287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 真のウェブデザイナー(謎)になるにあたって一番最初に手に取った本。お陰で、ずっと曖昧に覚えていたコーディング(マークアップ)に筋が通った。重たくないのに内容が充実しています。加えて、巻末の「この要素の中に入れられる要素」は重宝します。読み終えたあともずっと活用でき、付箋いっぱい貼ってフルに使っている本。

  • 開発の同期から借りた本。

    HTMLの入門書は今までもさらっと読んだことはあったんだけど、「web標準」と呼ばれるものを焦点にしてる本は初めて。

    今までで一番分かりやすかった。
    分かりやすかった、というか
    うすうす分かってはいたんだけども、


    HTMLってこんなに簡単なことだったか


    と、思わせてくれるだけの分かりやすさがある。

    まぁもちろん「分かる」と「できる」が違うのは当然で、綺麗なものをすらすらと書けるようになるには自分の手を動かさないといけないんだけど。

    でも、少なくとも「俺にもできそうだ」ってそう思わせてくれるのは良い本だよね。

  • 5年ほど前に読んだ本だけど、これとWeb標準テキストシリーズのCSS編でHTML、CSSの知識がつきました。読みやすいです。

  • 初心者ですが、xhtmlの基礎を勉強するために図書館で借りました。文法の基本ルールや基本的な文書構造など、とても分かりやすく基礎がまとまっています。さらに、巻末の要素一覧が嬉しいです。`このタグに直接入れることができる要素'など、知りたかったルールが纏めてあります。

  • 現在進行中。。

  • 解説本嫌いの自分にも読みやすいですね。
    基礎部分に絞っていますが、テーブルレイアウト時代との違いも解り易く書かれています。
    テーブルレイアウト時代に「やってらんね〜!!」と挫折した方(自分です)、今でもそういう書き方しか知らない方も、一度読んでみると良いかも。

  • ■新人研修本

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1級ウェブデザイン技能士。大学卒業後、複数のソフトハウスに勤務し、CADアプリケーション、航空関連システム、医療関連システム、マルチメディアタイトルなどの開発に携わる。1996年よりWebの基本技術に関する書籍の執筆を開始し、2000年に独立。その後、ウェブコンテンツJIS(JIS X 8341-3)ワーキング・グループ主査、情報通信アクセス協議会・ウェブアクセシビリティ作業部会委員、ウェブデザイン技能検定特別委員、技能五輪全国大会ウェブデザイン職種競技委員などを務める。現在の主な業務は、Webデザインに関連する書籍の執筆のほか、全国各地での講演・セミナー講師など。著書は『詳解HTML5.1&HTML4.01&XHTML1.0辞典』『詳解HTML&CSS&JavaScript辞典(共著)』『よくわかるHTML5+CSS3の教科書』『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集(共著)』など50冊を超える。

「2018年 『TECHNICAL MASTER はじめての HTML+CSS HTML5対応』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大藤幹の作品

ツイートする