宇宙は「地球」であふれている -見えてきた系外惑星の素顔- (知りたい!サイエンス)

  • 技術評論社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774133676

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 系外惑星の観測の歴史、方法についての概説など。中高生向けの内容かな? ある程度物理がわかってると後半の説明は冗長に感じるかも。

  • 4人の共著だが、ぶれもなく、テンポ良く読了。難しい記述はほんとどなく、系外惑星についての幅広い知識に触れることができる。2008年の発刊なので、その後のケプラー望遠鏡の活躍などは触れていないが、原理的な部分はほぼ網羅されている。

    ・恒星が巨大惑星をもつ確率は5%程度。
    ・現在の観測精度は毎秒1メートル。地球は毎秒10センチなので、まだまだ。
    ・検出法による発見のしやすさ、しにくさ(P79)。共通は小さくて軽い惑星は見つけにくい。
    ・「ダスト落下問題」:メートルサイズの微惑星は百年位で中心星に落下する。
    ・「惑星落下問題」:1天文単位の地球や5天文単位の木星は10万年位で中心星に落下する。
    ・太陽程度の重元素比率の恒星を探すことが重要か。
    ・生命の高等化にはどれだけのバリエーションがあるのかということが全く分かっていない。
    ・トランジット法による惑星大気の組成の観測。

  • 面白かったけど難しかった。

  • [ 内容 ]
    夜空にいつも輝く星々。
    その周りを惑星が回っているなんて少し前まで想像の域を出なかった。
    しかし太陽系の外の惑星=系外惑星が今や次々と発見されている!…ベールを脱いだ惑星の姿は、予想をはるかに超えるものだった。
    惑星がどのようにできるのか、理論は書き換えられた。
    そして…私たちの住む地球は特別な存在か?
    この根源的で素朴な疑問に、答が出ようとしている。

    [ 目次 ]
    第1章 系外惑星発見の時代(私たちの太陽系を遠くから眺めると;1930年代からの系外惑星探し ほか)
    第2章 見えない惑星を見つける方法(直接法と間接法;恒星の位置の「ゆれ」を捉える―アストロメトリ法 ほか)
    第3章 惑星系と生命誕生のシナリオ(私たちの太陽系の姿;原始惑星系円盤でダストから微惑星が誕生する ほか)
    第4章 トランジット観測で系外惑星を探れ(HD209458bトランジット惑星発見と、その意義;トランジット惑星が教えてくれるもの ほか)
    第5章 近い将来の系外惑星探査計画(すばる望遠鏡+コロナグラフで直接観測にチャレンジ;すばるとアルマで惑星系誕生の現場をおさえる ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 本書の結論は、表題の『宇宙は「地球」であふれている』ではなく、『宇宙では、「地球」のような惑星が珍しくないと思われる』である。私は表題を読んで、てっきり「最近の観測技術の進歩によってついに、地球的(つまり水や酸素、有機物を持っている)惑星が見つかったのか」と早合点してしまったので、この結論にはがっかりさせられた。
     しかし、内容はなかなか面白い。本来、発光することのない、しかも恒星に比べて非常に小さい惑星を見つけることは至難の業である。1990年代に入ってようやく太陽系外惑星の発見ラッシュを迎えた事実が、この困難さを表している。本書では、この至難の業
    ・ドップラー法
       惑星が恒星を回るときに恒星に与える重力加速度により恒星
       が発する光がドップラー効果により変異することを利用し
       て、惑星を発見する方法
    ・トランジット法
       恒星と地球の間を惑星が通るときに発生する食(トランジット)
       により、わずかに恒星からの光が弱まることを利用して、惑
       星を発見する方法
    ・などなど、他にもあるが、詳細は忘れた
    を詳細に解説。これらの業を使っての最新(2008年)の結果も掲載されており、まずまずの出来である。惜しむらくは、もうちょっと刺激的な結論がほしいところ。2020年ころに、すごい望遠鏡が出来るらしいので、それまで待ちましょう。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
J・モーティマー...
ホーマー ヒッカ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする