SEのための「構造化」文書作成の技術

著者 :
  • 技術評論社
3.31
  • (1)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774136509

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文書作成のイロハが詰まっている。
    新人教育に良さそうです。

  • 文書を書くことが苦手な人向け、または技術的に文書の書き方を学びたい人向けの本。
    文章を書く際に、目的や伝えたいこと,流れを整理し、他人に伝えやすくするための方法が書かれている。思いついたら書き始めるのではなく、始めに文章を書くための計画を練り、材料集め、構造設計を経て、執筆する方法を取る。そして最後に推敲。日本人が不得意とする執筆前の準備と執筆後の確認を確実に実施することが、効率的かつ他人から理解される文書になる。細かくどのように文書を書いていけばよいのかを説明している。

  • 実践的で分かりやすい内容。
    読みやすい文章をどの様に書いていくのかが体系的にまとめられていて、参考になる。
    何か、書類を書く際に手元に置いておきたい一冊。

  • 非常に\実践的な内容であり、手元に置いておきたくなる本。・・・なお、少し読んだだけで「あ、この人日立・・・」と気づいてしまった。日立の人なら、ぜったいにわかるはず。が、それがうれしかった。研修員報告とか、無駄じゃなかったんだよなぁ、今にして\思うと。(←本の感想じゃない)

  • ☆☆$$非常に分かりやすく、体系だった内容だった。$$ノート化したが、手元に置くかどうか少し迷う。$$09年度の論文完成までは、借りまくる予定。

  • 現在自分のバイブルの立場となっている本

    設計書などに記載される文言1こと1ことに重みがあることを実感させられる。
    オススメと考えられる人は次のいずれかに該当する人

     ・上司に何を書いているのかよくわからないと言われる人
     ・自分の日本語に自信を持てない人
     ・駆け出しのSE
     ・IT業界目指してる学生
     ・小手先の文書技術ではなく、基礎から学びたい人

    この本には【文書の基本的な構成の仕方】【意識の仕方】が書かれている。
    この本を読むことによって、私はドキュメントに対する意識を変えることができた。(そして上司にほめられた)

  • [図書館]
    読了:2010/11/25

    p.9 「IDSは、IPSのように不正侵入をネットワークから遮断しない」という文章の2通りの解釈。
    言われてみれば!という感じで、自分も結構SE病に冒されるのかも…と思った。
    まぁ、「ネットワークから遮断する」という言い回しも、あんまり馴染みのあるものではないが。

  • これまた買ったけど読んでない。
    なんなの、俺。

  • 技術者向けの本ではあるけど、カテゴリ的にはビジネス書でしょう。文書作成スキルの向上のために購入。

    ほぼ同時期に同じ出版社から発行された「SEのための図解の技術、文章の技術」に比べると、文書作成の目的、文書作成のプロセス、文書校正など、個々の表現より全体的な文書に力点が置かれている。あちらがプログラムコードなら、こちらはソフトウェアの全体設計、開発プロセスか。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

愛知県豊橋市生まれ、名古屋大学医学部卒業、医学博士。96年より「豊橋ホスピスを考える会」に参加し、地域のホスピス運動に取り組み、2005年国立病院機構豊橋医療センター緩和ケア病棟の開設に尽力、実現。現在、同医療センター緩和ケア部長。2009年、名古屋で開催された第33回日本死の臨床研究会年次大会の大会長を務めた。著書に『ホスピスという希望』(新潮社)。

佐藤健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ブライアン カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

SEのための「構造化」文書作成の技術を本棚に登録しているひと

ツイートする