パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

著者 :
  • 技術評論社
3.67
  • (18)
  • (30)
  • (32)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 435
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774138978

作品紹介・あらすじ

ソフトウェア設計の定石集デザインパターン、アジャイルな開発手法XP(エクストリームプログラミング)、知のコラボレーションシステムWiki、半世紀にわたる歴史物語、すべての起源は、建築家アレグザンダーにあった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Thu, 13 May 2010

    アレクザンダーのパターンランゲッジの話しは,研究室でもよく聞いていた.しかし,そこと Wiki , XP(エクストリームプログラミング)との関係性は見えていなかった.
    ようは,アレクザンダーのパターンランゲッジというよりかは,
    利用者参加の建築,街づくりという点であろう.

    ソフトウェアでこそ,それが必要というところで,
    Wikiの話になっていくのだが,
    これらのキーワードを縦糸で紡いでいるところが,面白い一冊ではある.

    ただ,その縦糸が必然の,必要不可欠な縦糸かというと,そうともいいきれないように,受け止められた.

    ある意味で,一つの解釈であり,その解釈でみると,
    これらの流れが,関係づいてみえるということだろう.


    ちなみに,アレクザンダーのパターンランゲッジはセミラティス構造を
    押しているが,それでさえ,要素還元論的な心象を受ける.

    まあ,ともあれ,利用者参加は,あらゆる局面で重要である事は,もはや明らかであり,その縦糸はよく分かる一冊であった.

  • 江渡さんの本。読んだことなかったので読んでみた。
    Wikiのルーツについて、源泉にさかのぼってものすごく詳細にかかれていた。
    パターン・ランゲージも読みたい。

    --
    人工都市がツリー構造になってしまう理由は、人間の認識能力に限界があるから
    『XPエクストリーム・プログラミング入門』
    40時間ルール:週40時間以上働かない。これを2週続けて超過しない
    Wiki Wiki Web の Wiki とは「すばやい」「quick」のハワイ語

  • デザインパターン、Wiki、XPの起源について。これを知ったから新たな何かを出来るようになるような書籍ではないですが、今やシステム開発での利用が常識となりつつあるこれらのものがどのように生まれたか知ることは自分の思考のヒントになるのではないでしょうか。

  • パタンランゲージのことを勉強したくてこの本を読んだ。
    第一部は、ソフトウェアに全く関係なく、アレグザンダーの建築のことが述べられている。
    パタンランゲージに興味なかったら頭に入っていなかっただろうと思うと、今のタイミングで読んでよかった。

    パタンランゲージの片鱗だけでも理解できただろうか。もっと奥深そうだなぁ。

    -引用-
    アレグザンダーの思想の中心にあった価値観は、無名の質を備えた建築を作り上げることでした。無名の質とは、古い年の調和した街並が備えている生き生きとした建物や町が持つ特性です。
    ベックは無名の質を備えたソフトウェアを目標とし、カニンガムは無名の質を備えたWebサイトを目標としたのだと言えるのではないでしょうか。


    パターンと同じように、ここの意味や社会的背景、組み合わせ規則といった性質を持つものがほかにもあります。それは「単語」です。人は単語を組み合わせて文を作ります。このような活動と概念の集合を言語と呼びます。...そのために、1つの建築活動に必要なパターンの集まりを「パターンランゲージ」と名付けたのです。

    6つの原理
    1. 有機的秩序の原理
    2. 参加の原理
    3. 漸進的成長の原理
    4. パターンの原理
    5. 診断の原理
    6. 調整の原理

  • 最後に得た着想は、規模、つまり「誰もコントロールしない(できない)vs誰もがコントロールする(できる)」という共同体の問題だった。別の言い方をすれば、集合的弁証法が実践できるかどうかの前提条件の創出。

    各論については次の通り。

    第1部建築
    アレグザンダーの思想
    ・美≒快(適)
    ・セミラティスの操作→パターンランゲージ
    ・パターンによる美の認知
    ・パターン=差異化、言語=(パターンの)シーケンス

    第2部ソフトウエア開発
    ・プロセス・組織へのパターン適用
    ・新たな社会構造へ(利用者―開発者間の関係構築)
    ・変更できるのは「スコープ」だけであるp.85

    第3部Wiki
    ・すべての問題を1つのアイディアで(編集と閲覧、ドキュメントとコード)
    ・コンテンツ基盤のコミュニケーション(→新たな共同体の出現と創出)
    ・PatternForm:名前、context and force、Therefore、solution、but、antithesis(→集合的弁証法)

  • 再読した 08/24

  • 『個人的な生活に置いて、平均的な生活に従うことを強制されていると個性を保てない』
    家族で生活しているときの居間は、
    父にとってはテレビを見る場所・
    母にとっては本を読む場所・
    子どもにとってはゲームをする場所と様々な解釈があり、
    その機能はオーバーラップして存在している。
    そんな場所で「テレビを見ること」しか許されていなければ、多様な価値観は形成できない。
    『良い都市とは、その人が個性的に生きることが許されているものである』
    そういう構造を創るための方法論とは?

    個人的にはそのまま「理想の構造」についての考察が続けば嬉しかったが、歴史的な流れに力点を置いて話が進んでいった。
    そういうのを期待している場合、後半に関してはおススメできない。

  • 建築の世界からソフトウェア開発への至る歴史や思想がわかる。また、パターン・ランゲージについても触れている。
    書名にもあるデザインパターンやXP、Wikiについて生まれた背景や思想、パターンの適用などが記述が少ないながらも纏まっている。

  • パターンランゲージという建築の思想が,プログラミングやWikiにおいて形を変えて実現されているという,非常にエキサイティングな本でした.
    プログラミングもWikiも,作っていくうちに,計画通りいかないこと・事前に予測できないことが必ず発生するので,その都度徐々に改良していくことが必要になるから適用できたのかと思います.
    その点では研究も同じなので,研究の進め方に活かせるアイデアがいくつもあるなという読み方もできました.

  • 今回のテーマは、クリストファー・アレグザンダーの思想です。

    デカルト的な二元論的パラダイムとは異なる見方で、建築の世界を捉え直し、建築のデザインを再考したクリストファー・アレグザンダーの考えと実践の遍歴を辿ります。

    序章, 第1~6章

全30件中 1 - 10件を表示

江渡浩一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
まつもと ゆきひ...
濱野 純(Jun...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする