仕事脳を強化する記憶HACKS(ハック) ~ITツールを駆使して”第2の脳”を使いこなせ! (デジタル仕事術シリーズ)

著者 :
制作 : 四六 
  • 技術評論社
3.05
  • (12)
  • (29)
  • (49)
  • (25)
  • (11)
本棚登録 : 454
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774139395

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タグ機能を使った整理、関連付けは皆さんにぜひお薦め!リンクをたどることで目的の情報に再度到達するのに役立ちます。
    私もはてなブックマーク、メディアマーカー等その他タグ機能を備えたツールで実践中です。

  • ビジネス
    lifehack

  • LifeHack
    Business

  • Macの紹介が増えてきたするのは今の流れなんだろうか。
    内容の割に値段が高く、情報も古い。

    立ち読みで済ませばよかった。

  • 【由来】
    ・まぁ、ちょっとした佐々木正悟まつり

    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノート】


    【目次】

  • 本書は、スケジューリング・ツールを使いこなすためのベストプラクティス集である。微に入り細に入り、いろいろなアプリケーションを用いてのスケジュール管理方法を教えてくれる。が、私には全く無用である。

  • 図書館
    ライフハック
    lifehacks
    記憶
    lifehack
    自己啓発
    IT
    iPhone
    ビジネス
    仕事術

  • 僕は基本的に「メモ・ノートを全てデジタル化」することに対して懐疑的なモノの見方をしている。発想すること、頭の整理をすることに関しては手書きの方が優れていると感じているし、いつでもPCやケータイが使えるわけでもない。特に企業の情報セキュリティが厳しくなってきている昨今では、企業が自前で用意したシステム以外のデジタルツールは使用できないことが多い。

    そういう意味で、本書が自分の考えとは違う方向を向いていことは読む前からある程度検討はついていた。それでもこの本を読んだのには2つの理由がある。

    一つは、僕の中で大きなテーマとなっている「ITツールは人間の脳を拡張する存在となり得る」前提の元に書かれているということ。その外部脳とも言えるITツールに対し、如何にして情報を蓄積し、取り出すのか?どこまでを自分の脳に蓄積し、どこからをITに頼るべきなのか?が分かるかも知れなかった。
    もう一つは自分が知らない未知なるITツールと、その使い方に出会えるかも知れないという超個人的な欲求。特に佐々木 正悟氏の専門である心理学や脳科学の分野からそれらをどう捉え、どう使うのかという点に強く興味を抱いたのだ。


    結論としては、本書は僕の期待をある程度は充足してくれた。ただ、読後感としては書かれている内容そのものは表層的なのだ。一番残念だったことは、この本の使用方法ではざっとした紹介に留まっており、モデル化→自分なりのやり方に応用することが難しい。

    ビジネス書250ページ足らずの中でITツールをあれやこれや紹介し、氏なりの使い方を説明し、更にそれらを補足する心理学/脳科学の見地からの意見をコラム的に掲載する場合、表層的になってしまうのは致し方ないことだとも思う。
    タスク管理、スケジュール管理、メモ、学習、情報整理、アイデア・・・これら取り上げられたテーマ一つ一つに対して一冊の本を書いてもいいんじゃないかと思うし、Evernoteのメモ術本(Evernoteの使い方ではなく、Evernoteを外部脳とするための運用フロー本)であれば、僕は必ず買う。3000円でも買う・・・・かな。

    何はともあれ、この本そのものは凄く良い本なんだし、扱っているテーマは実に興味深い(というか、今までにないアプローチの)モノなのだけど、やっぱりこれでは入門書なのだ。もっと先を読みたいし、もっと深く知りたい。

  • 心理学×ITツール。

    ソフトウェアとオンラインサービスの紹介がメインだが、
    各章に、心理学見地からの見解が述べられている。

    ITツールをこれから学んでみたい、という人には、
    非常に役立つと思う。

    自分も、いくつか使ってみたいものが見つかった。

  • 2009年9月5日初版

    単純に記憶力を上げる、というハックではない。
    ITツールを使っていかに自分の頭から「記憶しておくものを」を減らしていけるか、という技術。

    著者も一押し、私も一押しのEvernoteはメモツールが求められる機能をほぼ全て実装しているというと最強ツールである。

    当然ながらパソコンと距離を置いている人にはあまり役に立たない。
    パソコンを使っているが、使いこなしてはいない人あたりはずいぶん参考になるものが多いと思う。

    ちなみにこのメディアマーカーも紹介されている。

全52件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。
1973年北海道旭川市生まれ。97年獨協大学卒業後、ドコモサービスで働く。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。
同大学卒業後、04年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年に帰国。
帰国後は「効率化」と「心理学」を掛け合わせた「ライフハック心理学」を探求。執筆や講演を行う。
著書に、ベストセラーとなったハックシリーズ『スピードハックス』『チームハックス』(日本実業出版社)のほかに『先送りせずにすぐやる人に変わる方法』(中経出版)『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』(ソーテック社)など。また、共著に『iPhone情報整理術』(技術評論社)がある。
「シゴタノ!-仕事を楽しくする研究日誌」にて連載中。

「2018年 『やめられなくなる、小さな習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木正悟の作品

仕事脳を強化する記憶HACKS(ハック) ~ITツールを駆使して”第2の脳”を使いこなせ! (デジタル仕事術シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする