電池が一番わかる (しくみ図解)

著者 :
  • 技術評論社
3.71
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774140322

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • graph

  • 2013年に同シリーズで、「電池のすべてが一番わかる」が発刊されているので、迷ったらそちらの方がおすすめ。
    2010年発行の本書の方が、より基礎的な内容が多いような気がする。

    内容は、電池の概要と歴史、1次電池、2次電池、燃料電池、電気自動車の種類と仕組み、太陽電池の6章である。

    電池の今後は、エネルギー密度のことも含めて「1番わかる」の本の方がよい記述だと思った。

  • たまに、こういう本を読む。斜め読みの場合が多いけれど。最近、電池はかなり注目されている。まあ昔から電池はあるのだが、ここ10年くらいで性能が飛躍的に向上したせいである。でもいかんせんまだ高い。

全3件中 1 - 3件を表示

京極一樹の作品

ツイートする