いきいき脳のつくり方 -臨床医が明かす”しなやかな脳”の科学- (知りたい!サイエンス 80)

著者 :
  • 技術評論社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774142609

作品紹介・あらすじ

精神科医として長い臨床経験から言えることは、脳のすごさはその柔軟性にあることです。心の背景にある脳の働きを探ると、脳の柔軟性を守り高めることは、心を健やかにし、生活を豊かにしてくれます。これからその具体的な方法を話しましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学生のような正しい生活をするのが脳にはよい。
    運動は脳を健康に保つためにはとても有効な方法の1つ。
    ストレス耐性があるのは、身体の丈夫な人、考え方が柔軟な人、コミュニケーションがうまい人。
    自殺したいと思うのは軽いうつ病の時、重くなると何もできなくなる。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

杏林大学名誉教授。NPO法人日本ブレインヘルス協会理事長
46年東京都生まれ。71年慶應義塾大学医学部卒業、88年慶大医学博士。同大学医学部精神神経科学教室から、76年杏林大学医学部精神神経科学教室に入室、90年助教授、99年教授。2016年退任、名誉教授。専門は、睡眠障害と関連が深い統合失調症、うつ病の治療。日本催眠学会名誉理事長、日本ブレインヘルス協会理事長、日本薬物脳波学会副理事長も務める。おもな著書に『古賀良彦教授の脳力アップ1週間プログラム』(主婦の友社)、『いきいき脳のつくり方 臨床医が明かす"しなやかな脳"の科学』(技術評論社)、『週末うつ なぜ休みになると体調を崩すのか』(青春出版社)、『睡眠ドクターが教える熟睡する技術』(メディアファクトリー)、『睡眠と脳の科学』(祥伝社新書)ほか。

いきいき脳のつくり方 -臨床医が明かす”しなやかな脳”の科学- (知りたい!サイエンス 80)のその他の作品

古賀良彦の作品

いきいき脳のつくり方 -臨床医が明かす”しなやかな脳”の科学- (知りたい!サイエンス 80)を本棚に登録しているひと

ツイートする