ノックアウトマウスの一生 -実験マウスは医学に何をもたらしたか- (知りたい!サイエンス)

著者 :
  • 技術評論社
3.38
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774143361

作品紹介・あらすじ

ライフサイエンス研究を支える小さくて偉大な生き物、実験マウス。マウスのおかげで医学の発展や生命現象の解明が進み、私たちはより良い生活を送ることができる。いかにしてマウスは実験室のスターになったのか?マウスを使った最先端の研究は?マウスの知られざる姿を紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <閲覧スタッフより>
    人間の医療技術の進歩・科学の発展は、マウスの犠牲の上成り立っています。なぜ実験用にマウスが選ばれたのか、その理由から、実際にどんな研究が行われているのかを解説。目にする機会が少ない実験用マウスについて知ることができます。
    --------------------------------------
    所在記号:490.769||ヤカ
    資料番号:10201398
    --------------------------------------

  • ノックアウトマウスのお話。マウスが実験動物として使われだした背景から説明されている。体外受精の後、胚をマウスに入れる時の技術的なお話といった少しマニアックなところまで紹介されており、大変勉強になった。これを読むと、マウスという生き物がぼくらの想像以上にたくさん実験に使われており、その尊い命を失っているということがわかる。さらにはそのマウスを飼育、保管したり、遺伝子組み換えマウスを作製する人たちの労力というものも測り知れない。教科書よりは分かりやすく、一般書にしては少し専門的だなという印象だった。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする