正しく知る不安障害 ~不安を理解し怖れを手放す~ (ぐっと身近に人がわかる)

著者 : 水島広子
  • 技術評論社 (2010年9月3日発売)
3.77
  • (6)
  • (10)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :138
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774143507

作品紹介・あらすじ

現代人の多くが心に抱える不安障害という病気について精神科専門医・元衆議院議員、水島広子先生が正しく解説。読むだけでも不安が軽くなるように書かれています。

正しく知る不安障害 ~不安を理解し怖れを手放す~ (ぐっと身近に人がわかる)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不安はただの感情。正しく使えば、自分を守ってくれる。問題なのは、自己肯定感。ここが揺らぐと、病気に繋がる。
    不安が強い親は、不安が強い子育てするし、遺伝もあり、不安が強い子が育ちやすい。
    不安が募る時は、怖れず、正しく休む。物事から距離を取り俯瞰する。回避はしない。今を生きることに集中する。過去からの過程を褒める。いたずらに未来を見つめ焦らない。

  • 不安障害を分かりやすく説明された本。
    不安障害は通常の人にもある特徴であるが、病気としてとらえることで、トラブルを解消し、コントロール感を持つためには重要である、という論旨である。
    治療としては薬物治療、認知行動療法、対人関係療法の3つがあり、作者は対人関係療法で有名な方である。
    対人関係療法では役割期待のずれに着目して、役割期待の調整という考え方でコミュニケーションのずれを解消していくアプローチをとっている。

  • 不安と回避の悪循環の構造は理解できるのだが、回避しない場合にさらに状況が悪化するリスクについての説明がない。が、入門書としてはよくできていて、不安というものの正体というか、分類・識別は可能になる。但し、対処法については不十分か。素人による解決は難しそうだし、さらに悪化する可能性もあるので、やはり専門家による診断・治療が必要だろう。

  • 961

  • 不安障害をどのように理解し、どのようにつきあうか。回りの人は治療者にはなれない、支援者としてどうつきあうかを考えるにしても、まずどういう特質があるかを理解しなければならない。

  • しっかり読みました!
    とてもとても分かりやすい表現が多くて、びっくりしながら納得しました。
    分かっていても表現が難しいことがありますが、この本はすごく噛み砕いていて不安に悩んでる方ご本人も、身近に不安が強い方がいて少し知りたいなと思う方、
    どちらにも読めます。

    図書館にて借りましたが、購入したいです。
    心強い本です!!!

  • 不安障害という病気を知り、不安をなくすのでなく、どのようにコントロールしていくか。パニック障害や強迫性障害、PTSDなどの不安障害にかかっている人だけでなく、不安の強い人、また不安の強い人の家族や周囲の人にもわかりやすく読める。

  • 不安との付き合い方をわかりやすく書いている.
    不安は二種類あり、生きている以上ある程度は仕方がない不安と、自分で増幅させてしまっている不安がある.
    不安について論理的に理解するだけでも距離をとって考えることができるのだ.
    不安は回避すれば、一時は安心するが問題を先送りにしただけにすぎないというのも勉強になった.
    不安をなくしたり、抑えこんだりするのではなく、上手に付き合うという視点がわかりやすかった.

  • 秘書さんに教えてもらって読んだ水島先生の本。
    正直あまり期待していなかったのですが、大野先生に続き、大変分かりやすく、心に届く本でした。

    不安障害というよりも、「不安」との付き合い方を知る本です。
    水島先生は対人関係療法を専門にされているみたいなので、対人関係療法の話が多めでした。
    薬物治療よりも、おそらく認知行動療法と対人関係療法をご自分の臨床に取り入れていらっしゃるのだと思います。

    サブタイトルの「不安を理解し恐れを手放す」というのも、感覚としてとても大事な部分だと思います。
    不安は誰にでもあるもので、不安障害の治療の目的は「不安がなくなること」ではなく、「不安をただの感情に戻すこと」というスタンスはとてもなじみやすかったです。

    うつの方が読んでもいいのではないかな、という本でした。

  • 以前読んだ水島広子氏の本がよかったので、続けてこの本も読んでみました。

    不安障害に対する不安の解消に主眼をおいて書かれています。

    また、「不安」と「怖れ」を区別し、「不安」を理解し不安への怖れを解消することへの提案にも力点が置かれています。

全13件中 1 - 10件を表示

水島広子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
佐々木 圭一
三浦 しをん
最相 葉月
小池 龍之介
大野 更紗
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

正しく知る不安障害 ~不安を理解し怖れを手放す~ (ぐっと身近に人がわかる)はこんな本です

正しく知る不安障害 ~不安を理解し怖れを手放す~ (ぐっと身近に人がわかる)を本棚に登録しているひと

ツイートする