身近な写真から学ぶ 一歩先への! 写真表現入門 (ThinkMap)

著者 :
  • 技術評論社
3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774143835

作品紹介・あらすじ

免許の写真はなぜ悪人顔に写るのか?証明写真の謎解きからはじめる、写真表現の教室。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 携帯電話にもカメラがつくようになって久しい現代、誰でも簡単に写真が撮れるようになった。しかしながら写真というものは初心者が撮っても散漫な印象の物にしかならない。そこで構図やらカメラの構造やらを学ぶことになるのだが、どこか垢抜けないということになりがち。
    そこで「良い写真とは何か」を考察するのが本書である。素振りよろしくひたすらに写真を撮ったり、構図の勉強をしたりするのもよいが、「良い写真」が何かをわかった上でそれに近づける努力をした方が効率的だし、効果も目に見えやすく、努力を重ねる励みにもなる。

  • 写真に「感動」するとは、何なのか?


    ①被写体そのものに感動する。例:人間、動物、自然、都会、事件など。②写し方に感動する。例:マクロ、望遠、広角など。③見せ方に感動する。Web、プリント、美術館など。。。

    自分にわかる範囲で考え、空想を膨らませれば、それは自分自身の表現の新しい原動力になる。表現の技術を身につける。

  • とにかく作例写真が素敵。

  • おもしろかった!
    著者の写真観が目から鱗的な、それ僕も思ってたのよ的な感じでした。

    写真技術書よりこの手の本がたくさんあってほしい。

全5件中 1 - 5件を表示

久門易の作品

ツイートする