EVERNOTE 情報整理術 (デジタル仕事術)

著者 :
  • 技術評論社
3.51
  • (20)
  • (75)
  • (51)
  • (22)
  • (3)
本棚登録 : 778
レビュー : 70
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774145181

作品紹介・あらすじ

大切な記憶と情報を預け、アイデアを出しに役立てよう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おかげでEVERNOTEやTwitterなどを使ってライフログを作るシステムを構築できました。無料あるいは格安のWebサービスを利用して仕事の効率を上げることができた点では、「仕事をするのにオフィスはいらない」とこの本は私のバイブルです。

  • 操作法や基本動作を説明する本ではない。副題の示すように、多すぎる情報を取り込み(分類)整理する仕方、工夫を説明する。
    ノートブック、タグでの分類、GTDを利用した活用方法、アウトプットの方法など参考になる。
    そして、巻末には、達人インタビューとして4人を取り上げている。情報が多くなると、分類が追いつかなくなる。分類しないで検索によって絞り込む、検索感度が向上しているので、有効的なようだ。
    感情タグ、オリジナルルールとはどこから?

  • Evernote

    これを使いこなすのって自分にとっては至難の技のような気がしていました。

    情報をぶち込むのは楽なんですが、そのあと整理して、後々の「知」として活用するまでに至らない。

    ただ、この本を読んで思ったのは、Evernoteを整理する時間を1週間に一度程度用意して、ぶち込んだ情報を整理していこうということ。

    Toodledoに毎週のタスクとして登録して今後は運用していこうと決意しました。。。が、既に運用開始から一週間。

    未だに整理をしていない自分を見ると、やはり上手くいかないのではないだろうと思いますね・・・。

  • EVERNOTEの使用方法について有効な情報を探そうとして購入した一冊。どこまでもマニアックになる感じがして、今の私の使用状況では理解不能な記述も多い。それでも役立ちそうな事柄がポツポツ。

    1.スキャナソフトは使った方がよさそう。ホワイトボードのキャプチャや新聞・雑誌の切り抜きでは重宝しそう。
    2.GTDの考え方はもう少し学んでみたい。やらなくてもいいことを覚えていたり力を入れたりする一方で、大事なことを忘れがち。EVERNOTEで情報をすべて取り込む一方で、その処理、整理を行い、レビューをした上で実行に結びつける。やるべきことをきちんとやるのがGTDの目的なのだから、EVERNOTEに収集するだけで満足というわけにはいかない。
    3.ノートブックの分類
    ペルソナと段階をもとに番号をつけて管理というのは有効そうである。
    4.EVERNOTEとの連携
    各種のサービスとの連携との設定は進んで来たと思うが、RSSの活用やGoogleの連携はやらないと分からなそう。まずはGoogleの登録せねば。
    5.達人のインタビュー
    皆基本的にはEVERNOTE開きっ放しということらしい。常駐のツールということなのだろう。いろいろ試行錯誤しながら自分の使い方にたどりついたということらしい。自分も使い込まないとと思う。
    EVERNOTEに望むこととしてサービスの継続的な影響ということだった。クラウドサービスについては、データを預けている関係でサービスを断ち切られるのが一番困ることなのだろう。特にデータ量が多いEVERNOTEの場合はそうなるのだろうが、クラウドーサービスの課題の一つであろう。

  • 2011/2/26 読みたい!

    Evernote関連の本は何冊か読んでいるけれど、
    また新しい発見がありそう!

  • エバーノートを更に使い倒すために購入。
    Eye-Fiの設定とFlickerの連動
    ライフログをノートへ
    ・ブログ、ツイッター、foursquareなど

  • 著者様より献本いただく。

    Evernoteの基本的な部分+αの内容が詰め込まれている。

    アプリや連携サービスの紹介まで、かなり細かいところまで紹介されている。

    細かい図解などは「あぁ、@beck1240さんだな」というアイデンティティーさえ感じさせる内容だ。

    おまけでついている「Evernote達人インタビュー」もなかなか面白い。
    ※といっても自分が出ているのでひいき目以上の何者でもないだろうが


  • 2017/10/9
    ちょっと古くなっちゃったけど、これから使う人にはいい感じで活用法の手引きとなると思う。
    私の場合は著書の中とはちょっと違う方法でたくさんノート作っちゃったので今さら変えられないけど、大筋同じような分類方法で活用してると思う。

    まぁ最近はEVERNOTE内の検索が本当に優秀になって、ノートとかタグとか意識しなくても充分活用できる感じあるかな〜

  • iPhoneを使ってないので、pc関連部分のみ。

  • 概ね参考になります。ただ、ツールの説明やツール自体は、どうしても古くなってしまいますね。なので、考え方を参考にさせてもらう程度、として有効だと思います。

全70件中 1 - 10件を表示

北真也の作品

EVERNOTE 情報整理術 (デジタル仕事術)を本棚に登録しているひと

ツイートする