電磁気学がわかる (ファーストブック)

著者 :
  • 技術評論社
3.63
  • (3)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774147284

作品紹介・あらすじ

はじめての人に読んでほしい、科学の基礎を変えた電磁気学の新しい世界。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本では、最初にゴールがきちんと設定されている。すなわち、マクスウェル方程式を理解し、さらにそれから波動方程式を導いた上で、座標変換を駆使することでマクスウェル方程式とニュートン力学との矛盾を解決した経緯を理解することである。

    また、各章の最初と最後にはまとめがあり理解を助けている。そして、高校の物理、微積分を使って自然に電磁気学の公式が導き出されるような構成になっている。私はさらっと一読しただけだが、一つ一つの公式の導出や例題を丁寧に解いていくことで、理解が深まるものと思う。

  • 和図書 427/Ta19
    資料ID 2011101897

  • 表紙からは想像できないほどしっかりしてる。

  • 物理のうち、とりわけイメージがつかみにくい電磁気学であるが、中学高校のレベルからやり直してみたいと考えているところに、図書館にこの本があったので借りてみた。後藤尚久という電磁気学の権威が書いた本なので、良い本だとは思うのが、大学レベルの偏微分や微分方程式などもかかれているため、読む方の実力が足りていないと、身についたかどうかは疑問ではある。ただ、高校の時に左手や右ねじといったそれがどうしたという法則に一歩踏み込んで、クーロン力、ローレンツ力、ビオ・サバールの法則といったところまで解説されていたので勉強にはなった。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

田原真人
早稲田大学大学院博士課程中退(物理学及び応用物理学)。河合塾などで10年以上、物理を教える。物理ネット予備校(フィズヨビ)では、多くの受験生や社会人がオンラインで物理を学んでいる。「図解入門 微積で楽しく高校物理がわかる本」(秀和システム)など著書9冊。
4500人以上からなるFacebookグループ「反転授業の研究」を主宰。反転授業の国際的ネットワークFLGI(Flipped Learning Global Initiative)で日本人唯一のアンバサダーを務める。国際ファシリテーターズ協会(IAF)日本支部理事。自己組織化ファシリテーターとして様々なオンラインコミュニティの立ち上げに関わり、自己組織化を起こしている。

●与贈工房 http://yozokobo.com/
●Zoom革命 http://zoom-japan.net/
●反転授業の研究 http://flipped-class.net/wp/
●物理ネット予備校 http://phys-yobiko.com/

田原真人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする